松山市の外壁塗装助成金の詳細

松山市の外壁塗装助成金について知っていますか?

松山市の外壁塗装助成金についてあまり知らないという方が多いと思います。

そんな方向けに松山市の外壁塗装助成金について詳しく紹介します。

すでに詳しい方は改めて確認するつもりで読んでみて下さい。

目次

松山市の外壁塗装助成金の詳細


制度名

わが家のリフォーム応援事業

受付期間

第1期:令和5年5月8日(月曜日)~令和5年5月24日(水曜日)

第2期:令和5年7月31日(月曜日)~令和5年8月17日(木曜日)

対象工事

  ・外壁の張替え、塗装その他外装工事

  ・屋根のふき替え、防水、塗装その他屋根工事

  ・階段や廊下などのバリアフリー化

  ・窓、天井、壁、床の断熱・省エネ化 など

申請条件

・自己所有かつ自己居住の住宅の工事であること

・市内業者を利用すること

・工事費用が税抜50万円以上であること

・市税を滞納していないことなど

助成金額

費用の10%を助成(上限30万円から60万円まで)

問い合わせ先

住宅課

愛媛県松山市二番町4-7-2

TEL : 089-948-6349

松山市の公式サイト

https://www.city.matsuyama.ehime.jp/bosyu/wagaya.html


愛媛県で外壁塗装の助成金が支給される条件

助成金を利用する自治体内に住んでいることおよび住宅が建っていること

申請者は、助成金を利用する自治体内に住民票があるか、住民基本台帳に登録されている必要があります。

同時に所有する住宅も自治体内に建っている必要があり、これは、自治体ごとに課せられている必須条件です。

受付期間内に申請・完了報告を提出していること

申請者は、自治体が指定する期間内に申請書または完了報告書を提出する必要があります。

通常は、工事前に申請書を提出し、工事完了後に作業完了報告書を提出する形式です。

計画的な相談を通じて、期間内に両方の資料を提出するよう心がけましょう。

指定された施工業者に依頼していること

助成金制度では、自治体が指定した施工業者に依頼することが求められ、各自治体ごとに異なるため、自治体外の業者に依頼する場合は注意が必要です。

指定業者以外に依頼すると、助成の対象外になる可能性があります。

各種税金を滞納していないこと

申請者は、所属する自治体の住民税や固定資産税など、さまざまな税金を滞納していない必要があります。

公的な支払い義務がある健康保険や医療保険なども含まれます。

過去に同様の助成金制度を利用していないこと

同様の助成金を受けたことがある場合、再度の給付は受けられません。同様の給付金でなくとも、似たような制度を利用している場合も注意が必要です。

自治体によっては、特定の期間内に給付を受けた歴があるかもしれませんので、確認してみましょう。

松山市の外壁塗装助成金を申請する方法


①業者に見積もりをしてもらう

申請には、業者の工事の見積もり書が必要です。

見積もり依頼から始め、見積もりをもらうのにかかる時間を考慮しましょう。

塗料の性能を証明するためのカタログ提出が求められる場合もあるため、注意が必要です。


②必要書類入手

自治体の公式サイトから申請に必要な書類を入手します。

申請書のダウンロードや記入、必要な添付資料の準備を進めます。


③必要書類提出

提出は窓口または郵送で行います。

自治体によっては郵送が認められない場合もあるため注意が必要です。


④審査結果の通知(約2週間)

多くの自治体は先着順の審査を行います。

新年度からの応募が始まるため、早めの応募が重要です。


⑤契約をして工事開始

外壁塗装の契約と工事が始まります。

途中経過や完了後の記録写真が必要な場合があるので、自治体の要項を再確認しましょう。


⑥実績報告書と請求書の提出

工事完了後、実績報告書と請求書を作成し、自治体に提出します。

工事の実績報告や記録写真が必要な場合に備えて、内容などを再度確認しましょう。


外壁塗装の費用を安くするコツ


複数の外壁塗装業者に相見積もりをとる

工事費用を節約したい場合は、複数の業者から見積もりをとるのがおすすめです。

各業者ごとに料金設定がわずかに異なるため、相見積もりを行うことでよりお得な費用で工事ができる可能性があります。

注意点は、3〜4社程度の業者から同じ品質の塗料に基づいて見積もりをとる事です。

見積もりをとりすぎると比較が難しくなりますので、適度な数に絞ることが重要です。

異なる塗料のグレードが提案されると比較が複雑になりますので、同じグレードの塗料で見積もりを依頼することをおすすめします。

足場が必要な工事をまとめてする

住宅のメンテナンスをコスト効果的に行いたい場合、足場が必要な工事は同時にまとめて実施することがおすすめです。

外壁塗装工事においても、足場費用は総工事費用の15~25%を占めます。

そのため、外壁塗装と同時に足場が必要な工事を行えば、将来的に足場費用の節約が期待できます。

例えば、屋根の塗装・修理や雨どいの交換など、高所作業の工事は同時に進めると良いでしょう。

◯足場が必要な工事一覧

・外壁カバー張替工事

・屋根カバー葺き替え工事

・付帯工事(雨樋、破風板など)

・屋根の雪止め設置

・屋上防水

など多数。

塗装のグレードを下げて塗装をしてもらう

外壁塗装工事の費用を抑える方法として、塗料のグレードを下げることもおすすめです。

外壁や屋根など紫外線にさらされる場所のグレードを低くすると、再塗装が早まる可能性があります。

紫外線が強い箇所では、シリコンやフッ素を使用し、雨どいや破風板などの付帯部分にはウレタンの塗料を選ぶなど工夫をして耐久性を保つことが重要です。

キャンペーンを活用する

塗装を検討する際には、塗装会社のキャンペーンを利用することもおすすめです。

キャンペーンを利用すると、通常価格よりも1~3割お得になることがあります。

◯一般的なキャンペーン内容

・初荷工事キャンペーン(年始に工事をスタートする条件)

・在庫一掃キャンペーン(使用できる塗料や色が限られる)

・紹介割りキャンペーン(紹介者と被紹介者がお得になる)

・WEB申込限定キャンペーン(WEBでの申し込みで10%オフなど)

これらのキャンペーン情報は、塗装業者のホームページなどで確認できます。
ただし、訪問業者が「キャンペーン中なので安くします」と言う場合は注意が必要です。

具体的な内容を確認し、モニター価格や50万円以上の値引きなどは慎重に検討するよう心がけましょう。

繁忙期ではない時に工事をお願いする

工事をお得にしたいのであれば、春や秋ではなく、夏や冬に工事を検討すると良いです。

外壁塗装工事は通年できますが、春と秋がリフォームシーズンであり人気です。

そのため、夏や冬は業者にとって比較的閑散期となり、工事を契約するために価格交渉が成功しやすくなります。

工事の品質には影響を与えずに高品質な仕上がりを得られるチャンスです。

しかし、無理な値引き交渉は工事品質に悪影響を与える可能性があるため、慎重に交渉することが重要です。

火災保険を活用する

自然災害などで、破損した箇所があれば、火災保険を利用することがおすすめです。

屋根修理に伴う足場工事も必要となりますが、火災保険で補償される場合、外壁塗装工事を同時に行うことで足場費用を節約できます。

しかし火災保険を利用するにはいくつかの条件があります。

例えば、風災補償に加入していること、被害が3年以内であること、工事が20万円以上などです。

保険会社により条件は異なります。

火災保険を活用したい場合は、契約前に条件や審査について確認することが重要です。

一括で現金で支払う

リフォームローンの金利手数料は通常、3〜5%かかります。

そのため、業者に現金で支払う提案をすることで、金利手数料分(10〜15万円)の割引が可能です。

業者にとっては融資先からの入金を待つよりも早く現金を受け取るメリットがあり、キャッシュフローが向上します。

また、お客さんにとっては金利負担を軽減できるため、話し合いの際にこの提案を考慮すると良いでしょう。

住宅ローン減税を活用する

リフォームローンを利用して外壁塗装を行う際、住宅ローン減税制度を活用することで、ローンの残額に応じた税控除を受けることができ、実質的に10万円前後の費用を削減することが可能です。

この制度は、正確には「住宅借入金等特別控除」と呼ばれ、ローンが残っている間、残額の1%を最大10年間控除するものです。

具体的に120万円の外壁塗装の場合、通算控除額は約10万円に相当します。

この制度を活用することで、経済的な負担を軽減できます。

必要のない作業を断る

雨樋などの付帯部分の塗装を見積もりから除外することができます。

見た目にこだわりがない場合、一般的な雨樋の塗装費用相場を考慮すると、この部分を省くことでかなりの節約が可能です。

不要な作業を断る勇気を持つことで、結果的に外壁塗装の費用を削減できます。

工事費用の値引き交渉をする

契約が確定した後、工事総額によりますが、通常は5〜10%未満、金額で言うと3〜5万円ほどの値引き交渉が可能です。

ただし、相見積もりを取った上での価格交渉は避けるべきです。

これにより業者の印象が損なわれ、仕上がりに悪影響を及ぼす可能性があります。

バランスを考慮しながら、適切な値引き交渉を行うことが重要です。

安すぎる費用で塗装工事をしてもらった時のリスク

塗料を薄めている

安価な見積もりでは、「塗料を薄めて材料費を削減」する傾向があります。

初めはコストが削減できますが、品質に悪影響を与え、防水性や耐久性が低下し、再塗装が早まる可能性があります。

また、色あせや変色が速まり、外観が損なわれます。

低価格の見積もりは最終的に長期的な維持費を増やす原因となる可能性があるため、注意が必要です。

低価格な足場を利用している

安全で確実な作業のためには、適切な足場が必要です。

しかし、足場代を節約するために単管足場を使う業者も存在します。

コストは削減できますが、安定性が不足し、作業員の安全が危険にさらされる可能性があり、品質の高い塗装作業が難しくなり、仕上がりに悪影響を与える可能性があります。

低価格な見積もりを受ける際には、安全や品質に関わるリスクを検討することが重要です。

後で追加請求される

工事中に予期せぬ問題が発生したり、見落としがあると、業者から追加費用を請求される可能性があります。

最終的な工事費用が大幅に増加する可能性があるため、安価な見積もりの場合、含まれる内容を詳細に確認することが重要です。

また、予算削減のために低品質な塗料を使用することもあります。

安価な塗料はコスト面で魅力的ですが、品質も低くなることが多いです。

耐久性や防水性が低下し、塗装の寿命が短くなる可能性があります。

最悪の場合、再塗装が必要となり、余分な費用が発生します。

見積もりが安い場合は、使用される塗料の品質に注意が必要です。

高圧洗浄をしていない

外壁塗装の前に、必要な下地処理として「高圧洗浄」という作業があります。

高圧洗浄は、110kgから150kgという高い水圧を持つ洗浄機を使って、外壁の汚れや古い塗膜を除去する作業です。

この工程により、下地と新しい塗料の密着性が向上し、塗料の耐久性が増します。

通常、高圧洗浄は約1日かかりますが、半日以下で行うか、あるいは行わない業者も存在します。

この場合、汚れが十分に取り除かれないため、下地と新しい塗料の間に隙間ができてしまい、高耐久性の塗料を使っても、本来15年以上持つはずのものがわずか数年で剥がれる可能性があります。

十分な時間をかけた高圧洗浄が重要であり、この工程を怠ることは長期的な耐久性に悪影響を与える可能性があります。

養生をしていない

養生は、ビニールやテープを使用して塗装しない部分を保護し、塗料の散乱を防ぐ作業です。

通常、窓やドア、周辺の建材などを保護します。

しかし、養生は手間のかかる作業であるため、一部の業者はこれを省略することがあります。

養生を怠ると、塗料が周囲に散乱する危険があります。

これにより、窓やドア、建材などに塗料が付着したり、塗装のラインが乱れたりして、最終的な仕上がりに悪影響を与える可能性があります。

十分な養生が品質の高い仕上がりにつながるため、業者選びの際に注意が必要です。

外壁塗装のひび割れを直さない

外壁にひび割れがある場合、塗装前にコーキング材でひびを補修する必要があります。

これにより、建物の老朽化や防水性の低下を防げます。

しかし、一部の業者は手間やコストの節約のため、ひび割れを修理せずに直接塗装することがあります。

この場合、塗装後の外観からはひび割れの修理の有無が判断できません。

最初は見落とされる可能性もありますが、数年後に塗膜にひび割れが生じ、外壁の保護能力が低下し、劣化が進む恐れがあります。

そのため、十分な補修を行うことが重要です。

コーキングの打ち替えをしない

一般的な外壁では、外壁同士のつなぎ目にゴム状の防水材であるコーキングが使われています。

コーキングは外壁同士の隙間を埋めて防水性を高め、地震などの揺れを和らげて外壁のひび割れを防ぐ役割を果たします。

通常、コーキングは経年劣化によりひび割れや剥がれを起こすため、外壁塗装を行うタイミングでコーキングの交換作業が行われます。

しかし、この作業においても手抜き工事が起こりやすいです。

具体的には、コーキングの交換をせず、劣化したコーキングの上から充填することによりコーキングの材料費を節約し、上から塗装を行って目立たなくする方法があります。

この方法では、せっかく100万を超える外壁塗装を行ったとしても、コーキングがすぐに劣化し、本来10年以上持つはずの外壁も数年で再塗装が必要になる可能性があります。

品質の確保のためには、コーキングの適切な交換が重要です。

塗る回数を減らされる

外壁の耐久性を高めるためには、塗料を3回塗り重ねることが非常に重要です。

具体的には、最初に下地と塗料の密着性を高めるために下塗りを行います。

中塗りで塗膜に厚みを作り、耐久性をさらに高めます。

そして最後に、仕上げを美しくするために上塗りが行われます。

しかし、この塗装工程を省略する業者が存在します。

例えば、下塗りを行わず、上塗りの1回のみで塗装を終えることがあります。

もし3回の塗りを行わなかった場合、期待した耐用年数よりも早く塗料が剥がれたり、色あせやひび割れが起こる可能性があります。

通常、塗装工事は塗料の乾燥時間を含めて3~5日かかりますが、手抜きが行われた場合は約1日で終わるため、施工スケジュールが短い場合は手抜きが行われている可能性が高いです。

しっかりと3回の塗りを行うことが重要です。

乾燥時間が短い

塗装は、塗る回数だけでなく、塗料の乾燥に十分な時間を確保することも同様に重要です。もし前の工程で塗った塗料がまだ乾いていない状態で塗り重ねを行うと、塗膜が不完全な状態で硬化してしまいます。この結果、塗膜の強度や耐久性が低下し、剥がれの原因となる可能性があります。

また、塗装には適切な天候条件も重要です。気温が5℃以上で、湿度が85%未満の環境が望ましいです。工期を短縮したり、作業を早く終えるために乾燥時間や天候を無視する手抜き工事が行われることがあります。適切な工程と環境を守り、塗装を3日〜5日かけて丁寧に行うことが重要です。

専用の下塗り塗料を使わない

塗料は、大まかに2つの用途に分けることができます。

下塗り塗料と中塗り、上塗り塗料です。

中塗りや上塗り塗料を選ぶ際、メーカーは密着するのに相性が良い下塗り塗料を指定する場合があります。

塗料パンフレットには専用の下塗り材が記載されているのですが、この指示を無視して使う業者も存在します。

このような場合、下塗り材と中塗りや上塗り材の密着性が低下し、塗料が剥がれる原因となります。

適切な塗料の組み合わせと手順を守ることが重要です。

見積書に記載されている塗料とは別のものを使用する

見積書に記載された塗料とは異なる、安価な塗料を現場で使う悪質な手抜き工事が存在します。

施工主は常に現場で使用されている塗料を監視しているわけではないため、業者はこの隙をついて、実際に使用する塗料を変える手法を用います。

このような行為は不正であり、信頼される業者による適切な施工が求められます。

信頼できる塗装業者を選ぶために、口コミや評価、実績などを確認すると良いです。

契約書や見積書をしっかりと確認し、記載された内容通りに施工されることを確認する事も大切です。

屋根の釘を打たない

屋根の頂上にある棟板金は、金属製の板で釘で固定されており、屋根材のつなぎ目から雨水の侵入を防ぐ役割を担っています。

しかし、この固定された釘は、太陽光によって熱膨張し、経年劣化によって緩むことがあります。

緩んだ釘は、屋根塗装の際に再度打ち直し、棟板金をしっかりと固定する必要がありますが、この工程を省略する手抜き工事も存在します。

手抜き工事は、目に見えにくい箇所で行われることがあるため、依頼する前にこれらの事項をチェックすることが非常に重要です。

屋根工事を安心して委託するためには、業者の信頼性や施工内容を事前に確認する必要があります。

縁切りをしない

縁切りを怠る手抜き工事は、屋根塗装時によく見られます。

縁切りは、塗料でくっついた屋根の瓦と瓦の間をカッターなどで切り取り、雨水の逃げ道を作る作業です。

緻密な作業ではありますが、これを怠ると雨水が屋根材と下地の間に滞留し、やがて雨漏りの原因になります。

縁切りは、カッターを使用するか、専用の工具であるタスペーサーを使って屋根材が塗料でくっつくのを分離させることができます。

屋根は雨水を一番受ける箇所であり、雨漏りが起こる可能性がありながら縁切りを怠るのは、悪質な手抜き工事と言えます。

縁切りをきちんと行うことが、屋根塗装の品質と耐久性を保つために重要です。

雨の日に塗装工事をする

雨の日に塗装を行う業者には注意が必要です。

雨天時に塗装すると、塗料が雨によって流れてしまい、十分な厚さの塗膜を形成できなくなるからです。

そのため、塗膜が必要以上に薄くなり、数年後に剥がれる可能性が高まり、建物全体の防水性に大きな問題が生じます。

特に、職人の人員不足により無理やり施工納期を早める業者は雨の日でも施工を行う傾向があります。

外壁塗装や屋根塗装では、手抜き工事がいたるところで起きやすいことが問題となっています。

全ての業者が手抜きを行っているわけではありませんが、工事を依頼する際にはある程度の知識を持つことが重要で、適切な判断と信頼できる業者選びも必要です。

手抜き工事をされないようにするには初回の現地調査をしっかりとしてもらう事


現地調査は、各業者が見積もりを作る前に、建物の現状や劣化状態を診断する重要な作業です。

信頼できる業者は、様々な部分を点検し、ひび割れやコーキングの状態、屋根の劣化具合を確認するために十分な時間をかけて作業します。正確な金額を算出するために実際の塗布面積を測定することも含まれます。

この現地調査には、少なくとも1時間程度かかることが一般的です。

しかし、目視のみで数十分程度で現地調査を終える業者は、建物の問題を十分に把握せずに施工を行う傾向があります。

このような場合、ひび割れの補修が必要な箇所を見落としてしまう可能性があり、単に塗装を行うだけでは問題が解決されない可能性が高まります。

業者の現地調査の作業様子を観察することで、その業者が丁寧な施工を行ってくれるかを判断することができます。

時間を十分に確保し、丁寧な現地調査を行う業者を選ぶことが重要です。

業者選びで失敗しないコツ

施工実績を確認する

経験豊富な外壁塗装業者は、通常多くの施工実績がありますので、必ず過去の実績を確認することが重要です。

業者に対して、これまでどのような工事を行ってきたのか?、それらの工事にかかった費用はどれくらいだったか?などの質問をすることをおすすめします。

信頼できる業者は、過去の施工実績について詳細に説明できるはずです。

悪徳業者は詳細な情報を提供できない可能性があります。

施工実績の内容説明が十分であるほど、業者の信頼性が高まります。

確実な情報を得るためには、慎重に質問し、実績を確認することが重要です。

複数の業者から見積もりをとる

適正な価格での見積りを得るためには、相見積もりをとることがおすすめです。

1社だけでなく複数の業者に見積りを依頼することで、悪徳業者が相場よりも高い見積りを提示するリスクを軽減できます。


他の業者に見積りを頼んでいる事を伝えると、業者は不当に高い金額を提示することが難しくなります。

相見積もりを依頼する際は、業者に対して「他の業者にも見積もりを頼んでいます」と伝え、競争の中で適正な価格を引き出すことが重要です。

相見積は業者の数を過度に増やすと混乱を招く可能性があるため、通常は3社程度に絞ると良いでしょう。

見積もりを比較し、高すぎず安すぎず、相場価格で工事を行っている信頼性のある業者を選ぶことが大切です。

質問にしっかりと答えられるか確認する

不安や疑問を感じた場合、業者に質問して対応を確認することは重要です。

特に、質問に対する回答が外壁塗装のメリットだけでなく、デメリットも含めてしっかりと説明できるかがポイントです。

あいまいな態度や具体的な説明ができない業者は、信頼性が低い可能性があります。

悪徳業者は、メリットを強調しデメリットを隠そうとすることもあるため、注意が必要です。

難しい専門用語を用いて誤解を生じさせようとする営業マンにも警戒しましょう。

急かすような営業手法には慎重に対処する必要があります。

「今日中に決めれば安くします」といった言葉には騙されず、じっくりと検討することが大切です。

良心的で誠実な対応をしてくれる業者を選ぶことで、外壁塗装を安心して依頼する事ができます。

建設業の許可票を確認する

外壁塗装業者が持っている許可の一つに、建築業の許可票があります。

500万円以上の費用がかかる外壁塗装工事を請け負うには、建築業の許可が必要です。

通常、一般住宅の外壁塗装工事では500万円を超えることはほとんどないですが、建築業の許可を得るには自治体や国の審査が必要です。

そのため、建築業の許可票(塗装工事業許可票)を保有している外壁塗装業者は、信頼性が高いと言えます。

アフターフォローや保証内容を確認する

契約前には必ずアフターフォローや保証内容を確認することが重要です。

業者に悪気がなくても、トラブルや不具合が発生する可能性があるため、外壁塗装に関するアフターフォローが重要です。

外壁塗装に不具合が生じた場合、余分な手間や費用が発生する可能性があります。

そのため、業者が発行する品質保証書の内容や受けられる条件、保証期間を確認しましょう。

外壁塗装の保証内容は「品質保証書」として書面に残されることが一般的です。

この書類は絶対に紛失せず、保管しておくことが重要です。

確実な情報を手に入れ、安心して契約するためにも確認作業は欠かせません。

家の近くの業者を探す

自宅から車で30分圏内の業者が理想ですが、最低でも1時間程度で来られる業者が目安です。

見積もり、打ち合わせ、実際の工事、アフターケアにおいて、素早く対応をしてくれる業者を選ぶことが重要です。

距離ではなく移動時間を基準にすることがポイントで、同じ市区町村内の業者よりも隣の市区町村にある業者が早い場合、そちらを優先して検討すると良いでしょう。

業者の住所が不明な場合は避け、信頼性が高く、迅速な対応が期待できる業者を選ぶことが大切です。

塗装現場の様子を見に行く

外壁塗装を近所で行っている現場を見ることは非常に重要です。

現場の様子、職人の態度、作業中の清潔さなどを確認することで、業者の信頼性を判断できます。

職人がくわえタバコで作業していたり、現場が乱雑でゴミが散乱していたりする場合、また飛散防止ネットが汚い場合は、その業者の信頼性が疑われます。

現場に停まっている業者の車に書かれている業者名をチェックし、声をかけ合っている職人たちがチームワークよく協力している様子も確認するのがおすすめです。

電話対応が良い業者を選ぶ

優良業者の特徴として「迅速な対応」があります。

業者が電話に出るまでの時間や対応の丁寧さ、社名を伝えるなどが重要なポイントです。

呼び出し音が鳴りっぱなしで中々応答がなかったり、ぶっきらぼうな態度の業者は避けた方が良いでしょう。

呼び出し音が3回までという状況でも、お待たせしましたといった一言があるかどうかも大切です。

顧客の満足度をあげたい業者は、社員教育にも力を入れている可能性が高く、その姿勢は電話対応からも分かります。

しっかりとした対応が期待できる業者を選ぶと信頼性が向上します。

まとめ

今回は、松山市の外壁塗装助成金について紹介しました。

松山市の外壁塗装助成金について、詳しく知りたかった方は、参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

紹介した内容を参考にして松山市の外壁塗装助成金に関する知識を深めて下さい。

外壁塗装の流れについて知りたい方はこちらをご覧下さい。
塗装の専門家にご相談・お見積りができます塗装の専門家にご相談・お見積りができます
お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ
LINE簡単無料見積りLINE簡単無料見積り