無料現地調査ご予約はこちら

お見積り・ご相談はこちら

089-979-1880

【電話受付時間】10:00~19:00【定休日】日曜日

Instagram

LINE

LINE

089-979-1880

塗装工事カラーシミュレーション

  • HOME
  • 塗装工事カラーシミュレーション
カラーシミュレーション

プラン1

カラーシミュレーション

プラン2

カラーシミュレーション

プラン3

カラーシミュレーション

プラン4

外壁塗装の色でお困りの場合上記のように家の写真でカラーシミュレーションをすることで失敗のリスクを下げられます。外壁塗装では、外観のイメージを大きく左右する「色選び」がとても重要です。
気軽に塗り替えられる金額ではないため、できるだけ色での失敗は避けたいところです。
そこで今回の記事では、外壁塗装の色選びについて解説します。
失敗したらどのように対処すべきかについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

□外壁の色選びでよくある失敗について

よくある失敗を把握しておくことで、実際に失敗した際にも適切に対処できます。
以下では、外壁の色選びでよくある失敗を3つご紹介します。

*仕上がりのイメージが違った


現物が確認できない外壁塗装では、選んだ色と仕上がりのイメージが少し異なる場合があります。
外壁のような広い面積に塗料を塗る場合、面積効果によって色の見え方が変わることが原因です。
面積効果は、面積が広がると薄い色はもっと明るくなり、濃い色は暗く見える特徴があります。
たとえ原理がわかっていたとしても、実際の仕上がりが予測できないため、失敗につながりやすい傾向にあります。

*西日の色焼けが目立つ


特に日差しが強い西側の外壁は、紫外線によるチョーキング現象が起きやすい部分です。
そのため、選ぶ色次第では日焼けで他の部分と色の差が、顕著に現れることがあります。
そして、10年も経たないうちに残念なイメージになってしまう恐れもあるのです。

*汚れが目立つ


もし、塗り替えが完成した直後は綺麗な状態であったとしても、雨・風を受けて汚れが目立ってしまう失敗はよくあります。
汚れの目立ちやすさは、色選びに深く関わる問題であるため、色選びで後悔される方はたくさんいらっしゃいます。

□外壁塗装で失敗した際の対処法について


色選びはもちろん、外壁塗装で失敗した場合、焦らずに適切に対処することが重要です。
以下では、失敗した際の対処法をご紹介します。
外壁塗装の工事で失敗した場合には、まず塗装会社に相談をしましょう。
もし、塗装会社に落ち度のある失敗であれば、基本的に会社の方で対応してくれるでしょう。

しかし、工事以外の失敗については、まずは自身で対処法について考えてみることが重要です。
たとえば、塗料の色選びに失敗した場合に、「イメージした仕上がりにならなかったから」という理由で塗り直してもらうのは、少し無理があるでしょう。
再度、塗料代・工事代を支払って塗り直してもらうのが、適切な対処法だと言えます。

また、対処法を考えた上で塗装会社に相談するのは良いことです。
対処しようがない失敗についても、抱え込むことなく相談してみることをオススメします。雨樋と聞いて何のことを話しているのかすぐに分かる人は少ないでしょう。
しかし、この雨樋はあなたの暮らしを毎日支えてくれます。
今回はその雨樋の役割、デザイン、色選びなど色々なことについてお話しします。

□雨樋とは何か、その必要性も説明します!

雨樋(あまどい・あまとい)とは、屋根の上に流れる雨水を軒樋で地上まで運ぶ為のものです。
軒樋、軒継手、軒曲がりなどの沢山の部品から成り立っています。
一軒家でよく見かける、屋根の上から下に水を流れるようにする装置が雨樋です。
一瞬地味で気付きませんが、その必要性はとても高いです。

雨樋は、外壁の汚れ、建物の傷み、騒音の発生、雨水が跳ねたり水が流れ込んだりすることによる近隣の方への迷惑、など様々なトラブルを防いでくれます。
屋根から勢いよく水が流れることを防いでくれるので、水が跳ねて土や泥を巻き散らかしたり、通行人や近所に跳ねた雨水が被害を出したりすることはありません。

また、雨水の騒音も消してくれるので、天井がうるさいと思うこともありません。
雨樋は地味な役割ですが、あなたの暮らしを陰ながら支えてくれるとても大切なシステムの1つです。
あまり気にしない点ではあると思いますが、一度色々と調べてみて下さい。

□雨樋の色を決める際に押さえておきたいポイントを紹介!


暮らしに欠かせない雨樋のデザインとして、色選びで気をつけておきたいポイントを紹介します。

1つ目は、外壁よりも目立たない色にしましょう。
雨樋は外観の中でも目立ちません。
外壁よりも目立ってしまうとスタイリッシュに見えません。
なので、外壁よりも暗めか、薄めの色を選びましょう。

2つ目は、鼻隠しやサッシの色に合わせましょう。
雨樋を鼻隠しやサッシの色に合わせると、住宅デザインの全体のバランスが取れます。
雨樋を鼻隠しやサッシの色に合わせて、統一感を出しましょう。

3つ目は、外壁のデザインに合わせましょう。
外壁がツートンカラーなら、それに合わせた塗装をしたり、雨樋が目立たないようなデザインにしましょう。
外観デザインのメインはあくまでも外壁や屋根、窓にして、雨樋はそれに合わせたほうが違和感がありません。

□まとめ

雨樋には沢山のメリットがあり、その役割は暮らしの中でとても重要です。
目立たないものですが、一度そのデザインなど色々調べてみて下さい。
住宅の外観に関することや、暮らしに関する素敵なアイディアが生まれるでしょう。
他にも知りたいことや分からないことがあれば、当社にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらから!