愛媛県松山市でミサワホームのお家を外壁塗装K様邸

  • HOME
  • 施工事例
  • 愛媛県松山市でミサワホームのお家を外壁塗装K様邸

松山市外壁塗装ミサワホームのお家K様邸

松山市外壁塗装ミサワホームのお家K様邸

旧塗膜スタッコの外壁を質感を損なわない塗料で外壁塗装

愛媛県松山市K様【ミサワホームのお家】

この度は弊社に外壁塗装をお任せいただきありがとうございました。

今後とも末永いお付き合い宜しくお願い致します。

施工事例データ

施工箇所外壁
施工内容外壁塗装
使用商材外壁塗装・グラナダフレッシュ・色35-50D・アクセント色35-40D

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

外壁塗装


外壁塗装前の様子です。

外壁の高圧洗浄をしている様子です。

外壁塗装の際に高圧洗浄を行う主なメリットの1つは、新しい塗料が既存の汚れなどにしっかりと密着することです。

既存の汚れがある状態で塗料を塗布すると、塗料が適切に定着せず効果を発揮しづらくなります。

そのため、事前に高圧洗浄で汚れを除去することが重要です。

これにより新しい塗料が確実に密着し、耐用年数が向上し、結果として長持ちする効果があります。

高圧洗浄には費用がかかりますが、これに投資することで塗装の効果が最大限に発揮され、長期的なコスト面でメリットが得られます。

高圧洗浄をせずに塗装すると、劣化が早まり再塗装が頻繁に必要となるため、長期的には費用がかさむ可能性が高まります。

そのため、高圧洗浄は外壁塗装前に適切に実施することが重要です。

その他にも外壁塗装前の高圧洗浄は仕上がりの美しさを向上させる重要な要素です。

既存の塗料に蓄積した汚れがある状態で新しい塗料を塗ると、美しく均一な仕上がりとなります。

遠くから見た時でも近くで見たときでも綺麗に見えるためには、汚れをきちんと洗浄しておく必要があります。

高圧洗浄によって汚れが除去され、新しい塗料がしっかりと密着することで、外壁の仕上がりが一段と美しくなります。

このように、高圧洗浄は外壁塗装の品質向上とともに外観の美しさも確保するために重要な役割を果たします。

そのため、多少の費用がかかっても、高圧洗浄は実施する価値があるとされています。

その他にも外壁塗装前の高圧洗浄は仕上がりの美しさを向上させる重要な要素です。

既存の塗料に蓄積した汚れがある状態で新しい塗料を塗ると、美しく均一な仕上がりとなります。

遠くから見た時でも近くで見たときでも綺麗に見えるためには、汚れをきちんと洗浄しておく必要があります。

高圧洗浄によって汚れが除去され、新しい塗料がしっかりと密着することで、外壁の仕上がりが一段と美しくなります。

このように、高圧洗浄は外壁塗装の品質向上とともに外観の美しさも確保するために重要な役割を果たします。

そのため、多少の費用がかかっても、高圧洗浄は実施する価値があるとされています。

高圧洗浄の種類

直線噴射

最初の方法は、直線噴射と呼ばれる一般的な洗浄手法です。

この方法では、水が扇状またはまっすぐに噴射されるタイプの洗浄ノズルを使用し、一般的な壁面などによく適用されます。

毎分12リットル以上の高圧洗浄機を使用し、強力な水圧で汚れを落としていきます。

トルネード噴射

高圧洗浄は外壁だけでなく、場合によっては屋根も同時に行われます。

トルネード噴射は、通常屋根に使用されるタイプですが、状況に応じて外壁にも使用されることがあります。

トルネードタイプは直線タイプよりも水圧が強力であり、外壁の状態によっては壁面自体に傷をつける可能性があります。

外壁に使用する場合は、水圧を調整しながら壁面の状態に合わせて適用します。

特徴としては、直線タイプと比べて水の飛散を抑えることができ、屋根に使用する場合は一番上の作業になるため、周囲の住宅に水が飛び散らないように注意が必要です。

トルネード噴射により、水の飛散範囲を制御しながら洗浄を行うことで、そのような問題を回避することができます。

生物学的洗浄

生物学的洗浄は、壁面や洗浄対象の箇所に洗浄剤を塗布し、一定の時間を置いた後に洗浄する方法です。

外壁は経年劣化によりカビや藻が付着し、壁面が黒や緑に変色することがあります。

通常の高圧洗浄でも、水圧で汚れを落とすことは可能ですが、稀にカビや藻が根付いている場合もあります。

そのような場合には、生物学的洗浄が必要となります。

雨水が流れる窓枠や水田に面した壁面などでは、カビや藻が多く発生しやすいため、大量に存在する場合には生物学的洗浄によるクリーニングをおすすめします。

外壁塗装の高圧洗浄の流れ

手順① 水の飛散抑制シートの設置をする

外壁の高圧洗浄を行う際には、壁面の汚れを水で洗い流します。

汚水が足場から外部に飛散して周辺の住宅に影響を及ぼさないように注意が必要です。

飛散抑制シートを足場周りに設置し、汚水の飛散を防止します。

手順② 洗浄用水と洗浄機の準備をする

外壁の高圧洗浄に使用する水を準備します。

通常、業者は依頼主の水道を利用し、大容量のタンクに水を充填して持ち運びます。

高圧洗浄作業では、大量の水を高圧で噴射するため、タンクの水だけでは作業を行うことはできません。

洗浄機の準備も行い、ホースなどを建物の周囲に配置します。

手順③ 高圧洗浄

飛散抑制シートの設置、洗浄用水、洗浄機の準備が整ったら、外壁の高圧洗浄を開始します。

一般的には、洗浄中に水が滴り落ち、汚水が壁面を汚さないように屋根から洗浄を行い、その後に壁面の洗浄を行います。

徐々に上から下へと汚水を流し、最後に駐車場などの苔や汚れを落として作業を完了します。

高圧洗浄作業は半日から1日で終わり、完了後は外壁を十分に乾燥させます。

しっかりと乾燥させないと、壁面が湿った状態のままになるため、通常は1日の乾燥時間を確保する必要があります。

外壁の高圧洗浄に要する費用の一環として、水道代が発生します。

この水道代は、依頼主の負担となります。

通常、自宅の水道を業者に貸し出す形が一般的であり、業者が水を持参する場合には運搬費用などで費用が高額になることがあります。

水道代は地域によって異なりますが、一般的に東京都の場合、高圧洗浄にかかる水道費用は約1200円から2000円程度と考えられます。

高圧洗浄機の使用量は1分間におよそ12〜15リットルの水です。

洗浄作業は外壁の汚れの程度によって所要時間が異なりますが、通常は1日または半日で作業が完了します。

水道費用として約2000円程度を見込んでおけば十分です。

外壁の高圧洗浄を業者に依頼する場合、作業費用が必要になります。

業者は専用の高圧洗浄機を所有しており、これによって壁面や屋根のクリーニングに高い効果を発揮することができます。

作業の所要時間は、外壁や屋根の汚れの程度により異なりますが、通常は半日から1日で作業を完了させることができます。

一般的な作業費用の相場は、通常の高圧洗浄の場合、おおよそ1平方メートルあたり100円から300円程度です。

一方、バイオ洗浄を行う場合には洗浄剤が必要となるため、1平方メートルあたり450円から850円程度となります。

例えば、一般的な30坪の家の場合、費用はおおよそ18,000円から50,000円程度が一般的な相場とされています。

費用については、事前にしっかりと見積もりを確認し、計算方法が適正であるかを確認することが重要です。

外壁塗装の下塗りをしている様子です。

外壁塗装の下塗りをしている様子です。

外壁塗装の上塗りをしている様子です。

外壁塗装を一部だけするメリットの1つは、費用を抑えられます。

部分塗装は全面塗装よりも経済的な負担が少なく費用を節約することが可能です。

部分塗装を行う場合でも、一度塗りで済ませる業者に依頼してしまうと、外観の美しさを維持することが難しくなります。

そのため、きちんと重ね塗りを行ってくれる業者を探して依頼することをおすすめいたします。

外壁塗装の費用を抑えたい場合には、業者が提供するキャンペーンや助成金を活用することも良い方法です。
その他にも
気になる部分のみを塗装、修繕できます。

全面塗装は、建物が築10年を超えたり、色あせやクラックが発生した時などに行われますが、部分塗装ならば気になる箇所だけをすぐに修繕することができます。

全面塗装のタイミングを待つ必要がないという点が大きなメリットです。

未塗装の部分に対応できます。

給湯器の交換や増築などによって未塗装の箇所が発生した場合には、部分塗装が適しています。

全体の色調との違いが少し目立つかもしれませんが、比較的低コストで塗装することができます。

部分的なコーキング補修が可能です。

部分的な色あせや塗装のはがれと同時に表面のひび割れを補修することもできます。

外壁内部の腐食やカビの原因となるひび割れに迅速に対処できるというメリットがあります。

外壁塗装を一部だけするデメリットとは、たとえ全体に同じ塗料を同じ手法で塗布したとしても、部分的に塗装を施した箇所には微妙な違いが生まれます。

その箇所は、外壁全体を見たときに色調や濃淡のバラつきとして目立ってしまうため注意が必要です。

高い場所を部分的に塗装する際には、全面塗装と同様に足場を組む必要があります。

そのため、塗料の費用が安くても全面塗装と同じくらいの足場代が請求されます。

費用自体は節約できるかもしれませんが、内訳を見るとあまりお得とは言えません。

一部分だけの塗装を完了させてしまうと、外壁全体のメンテナンスのタイミングがずれます。

塗装が終わった箇所があると、部分塗装の箇所に合わせて全体のメンテナンスが後回しにされてしまいます。

そのため、適切なタイミングで全面塗装を行う決断をしても、部分塗装との二重の費用がかかることになります。

一部だけの外壁塗装の平均相場は約30万円から40万円(塗装面積100㎡、シリコン塗料、足場代込み)です。

一方、40坪の家の外壁塗装の相場は約90万円から120万円程度ですので、一部だけの外壁塗装は割高と言えます。

割高になる主な原因は、職人の足場代と人件費です。

一部だけの外壁塗装では、塗装面とその周囲の面に足場が組まれますが、全面塗装と比べると余分な足場の設置が必要となり、結果として足場代が増えます。

具体的には、塗装面に面した外壁への足場設置や飛散防止ネットの設置などがあります。

職人の人件費は工期によって異なりますが、一部だけの外壁塗装でも通常の外壁塗装と比べてあまり変わりません。

余分な足場代と職人の人件費により、一部だけの外壁塗装は建物の総合費用(新築から解体までにかかる費用)を考慮すると、割高になることを頭に入れておくべきです。

玄関周りや雨戸などの一部の塗装であれば、DIYで手頃な価格で仕上げることも十分可能ですが、塗装面で色味が異なることがあり、建物のイメージが不自然になってしまう可能性があります。

同じ色を使用しても、新塗装面では旧塗装面と同じ艶や風合い(塗膜の摩耗感)にすることはほぼ不可能です。

自然な仕上がりを望む場合は、艶のない塗料を使用することをおすすめします。

塗装面を全く異なる色にしてツートンカラーにすることもできます。

建物の印象は変わりますが、不自然な印象を払拭できますし、色の組み合わせが良ければおしゃれな建物に生まれ変わります。

塗装面の仕上がり具合については、業者と相談することをおすすめします。

一部だけの外壁塗装でも工期は5日から7日かかります

一般的な外壁塗装の工期は10日から14日間ですが、一部だけの外壁塗装では約5日から7日程度となります。

工期は短くなりますが、一部だけなので一般的な工期の4分の1の期間で完了するわけではありません。

外壁塗装には必ず「乾燥」の時間が必要となるからです。

乾燥には2つの種類があります。

高圧洗浄後の外壁の汚れを落とすための乾燥(約1日)と、塗膜の乾燥(塗料により異なりますが、約4時間から8時間)です。

どの乾燥も適切な時間を守らなければ、後々の塗膜トラブル(早期の剥がれ、浮き、ひび割れなど)の可能性があります。

特に塗膜の乾燥には、塗り回数が増えるほど、その都度、乾燥時間が必要となります。

足場の設置や撤去は全面塗装よりも早く行われます。

ベランダやドア周りなど足場が不要な一部だけの外壁塗装の場合は、工期を短縮して行うことも可能です。

外壁の一部分に明らかな劣化症状が見られる場合や長年建っていた隣の家が取り壊されていて一部のリフォームが遅れている場合には、一部だけでも外壁塗装をおすすめします。

特に雨漏りは放置すると基礎が腐食し、後には単なる塗装では済まず、外壁面の大規模な張り替え工事などに発展してしまう可能性もあります。

大きなひび割れ(構造クラック)についても、外壁塗装だけでは修復できない場合もありますが、ダイヤモンドカッターとコーキングで補修することで改善できる場合もあります。

クラックも放置すると雨漏りのリスクが高まるため、早期の外壁塗装をおすすめします。

一部分だけ新しい壁にし、他の箇所は既存の壁のままにする場合があります。

新しい壁がしっかりと防水塗装されているなら、無理に再び塗装する必要はありません。

古い壁の部分にだけ塗料を塗ることをおすすめします。

次回の塗装時には、どちらの壁も同時に塗装し、タイミングを合わせるのがおすすめです。

新しく増築した部分も5年以上経過しているなら、まとめて全面塗装すると良いです。

先ほど外壁の一部でも外壁塗装を行うべき家を紹介しましたが、逆に予算の都合のみであれば一部だけの外壁塗装は行わず、予算に余裕がある時に外壁塗装を検討することをおすすめします。

外壁塗装の上塗りをしている様子です。

外壁塗装の上塗りをしている様子です。

外壁塗装後の様子です。

外壁とは、外側に面する壁の事で、似た用語に内壁がありますが、内壁は、内部にある壁の事です。

外壁は屋根と同じく生活空間を雨風から保護する重要な役割を担っています。

その他にも、外壁はデザイン性を持ち、窓などの開口部を形成する役割があり、住人のプライバシー保護や外部からの騒音の遮断など多目的な性能が求められ、外壁は美観を保つだけでなく、機能的な役割も果たします。

劣化や雨水の侵入を防ぐためにも、定期的なメンテナンスが必要になります。

このように、外壁は建物を守るだけでなく、快適で安心な居住空間を提供するために欠かせない要素と言えます。

外壁塗装は、外観の美しさだけでなく、耐久性の向上にも役立っていて、これにより、住宅の寿命が延びることで、資産価値の維持につながります。

また、安全性も高まり、快適に過ごすことが可能となります。

住宅は自然の影響を受けやすく、雨が降ると壁が水に触れてしまいます。

材質によっては水が染み込む可能性や壁材の隙間から水分が入り込む可能性があり、特に古くなった住宅の壁はひび割れが多く、これらの隙間から水分が入り込むことがあります。

外壁塗装により、水分の浸透や隙間への侵入を防ぐことができ、壁材のダメージを抑えることになります。

水分は壁材の耐久性を低下させる要因ですが、外壁塗装により水分の影響を軽減させることで、耐久性が向上し、住宅の寿命が延びる効果が期待できます。

その他にも外壁塗装には遮熱性能や断熱性能を向上させるメリットがあります。

遮熱性能は、外壁が外部からの温度の影響を遮る能力であり、夏の暑い日や冬の寒い日に外気が室内に侵入したり、逆に室内の温度が外に逃げたりすることを防ぐ効果がある一方、断熱性能は、室内の温度を外部に逃がさない能力であり、冷房で冷やした空気や暖房で暖めた空気を外に逃がさず、快適な室温を保つ効果があります。

外壁塗装を施すことで、壁は、コーティングされたような感じになり、外気の侵入に対する遮熱性能と、内側の空気を逃がさず断熱性能が向上します。

外壁塗装をしない事で、一時的にコストを抑えることができるかもしれませんが、快適な温度で生活できなくなったり、冷房や暖房の無駄な使用により光熱費が増えるといったデメリットも考慮する必要があります。

外壁塗装は長期的な住環境を考える上で重要な要素となります。

外壁塗装後の様子です。

外壁の塗装は、経年劣化によって剥がれることがあります。

適切な施工が行われていても、時間の経過とともに外壁塗料は劣化します。

外壁塗料には耐用年数が設定されているため、それを超えると剥がれる傾向があります。

外壁塗装は、長期間にわたって紫外線を浴び続けることで劣化します。

紫外線にさらされると、塗料が徐々に劣化し始めます。

劣化が進むと、外壁を触った際に手に塗料の粉がつくチョーキング現象が起きます。

このチョーキング現象は塗料の劣化を示すサインであり、塗料の防水性が低下して雨水を含みやすくなります。

その結果、塗料が浮き上がったり、剥がれたりすることがあります。

海岸付近などでは、潮風による塗料の劣化が起こることがあります。

これを塩害と呼び、風に含まれる塩分が鉄製の外壁材を錆びさせることがあります。

錆びた箇所が剥がれたり、錆を放置したまま上から塗装を行うと塗装が剥がれる原因となります。

チョーキング現象などの劣化症状を放置すると、外壁にひび割れ(クラック)する事があります。

ひび割れするとその箇所の塗装が剥がれ落ちる可能性があります。

ひび割れが放置されたまま塗装を行うと塗料がしっかりと密着せず、剥がれやすくなることがあります。

経年劣化による外壁塗装の剥がれは、適切な施工が行われていても避けられないものです。

定期的なメンテナンスや早期の対処が重要です。
外壁の劣化を放置していると
外壁だけでなく家の寿命が縮む可能性があります。

塗装が剥がれると、外壁が本来果たすべき保護機能を果たせなくなり、外壁自体に損傷が生じます。

それだけでなく、傷ついた外壁から建材へとダメージが広がり、家の寿命が大幅に短くなる可能性があります。

外壁塗装の剥がれを放置すると、家の劣化が進み、大規模なリフォームや建て替えなどが必要になり、高額な費用がかかる場合もあります。

外壁の剥がれが広がると、外壁が劣化し、雨水が建物内に浸入することで雨漏りが発生する可能性があります。

雨漏りを放置すると、外壁だけでなく下地や柱の補修工事も必要になることから、迅速な対応が求められます。

外壁の塗装が膨らむことがあります。
塗装の下に水が浸入する

外壁や塗装にひびが入ると雨水などがその隙間から浸入し、塗膜と外壁材の間にまで水が染み込むことがあります。

建物周辺の気温が上昇すると、この水は蒸発して水蒸気となり、塗膜内部から圧力をかけることになります。

その結果、塗装が膨れる原因となります。

通常、外壁の塗装では下塗り、中塗り、上塗りの3段階で行います。

しかし、前に塗った塗料が完全に乾燥する前に次の塗料を塗ってしまうと、塗膜内部に空気が含まれる可能性があります。

塗料が外壁材に十分に密着しないと、乾燥後に塗膜が膨れやすくなります。

密着不良の原因としては、下地の補修が不十分であったり、アンカー形成が適切に行われていないことが挙げられます。

下地の補修には、錆、カビ、汚れの除去、ひび割れの修復、外壁の隙間を埋めるシーリングの補修などが含まれます。

これらの対応が不完全なままだと、塗料が外壁にしっかりと密着しません。

アンカー形成とは、塗料が外壁の表面により密着するように作り出す模様のことです。

不十分な場合、塗料が滑ってしまい、外壁に十分な密着を得ることができません。

弾性や蓄熱性の高い塗料は、他の塗料と比べて塗膜の膨れが生じやすいです。

弾性塗料は、柔軟性に優れており、伸び縮みしにくい性質を持っています。

そのため、ひび割れが少ないという利点がありますが、熱には弱く、外気温が上昇すると柔らかくなり、膨れが生じる可能性があります。

蓄熱性は、塗料が熱を蓄える能力を指します。

蓄熱性が高いほど、外気温の上昇などによって塗膜が膨張し、弾性塗料と同様に膨れる可能性があります。

サイディングボードや窯業系サイディングボードに塗装された塗料の膨れがよく見られます。

窯業系サイディングボードは、熱を蓄えやすく、非常に熱を伝えやすい特性があります。

夏には外壁の表面温度が外気温の倍近くまで上昇することもあります。

そのため、窯業系サイディングボードに弾性塗料などの熱に弱い塗料を使用すると塗膜が外壁材の熱で柔らかくなり、膨れる可能性があります。

そのため、通常は窯業系サイディングボードに弾性塗料を塗る組み合わせは避けられます。

外壁塗装をする際には、まず古い塗膜を高圧洗浄などで完全に除去します。

古い塗膜の除去が不完全な場合、上から塗装しても塗料が十分に密着しないため問題が起きる可能性が高いです。

古い塗膜と新しい塗膜の間に隙間ができ、そこに入り込んだ雨水が蒸発したり、カビが発生したりして、塗膜を膨らませてしまいます。

外壁の塗装が膨らんだ時の対処法は以下の通りです。

外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りの順に行われますが、十分な乾燥をせずに次の塗料を塗布してしまうと、塗膜に形状不良が生じます。

外壁塗装を行う前に、施工の工程表を確認し、適切な乾燥時間が設定されていることを確認しましょう。

外壁塗装を行う前に行う洗浄が不十分だと、汚れた状態で塗装することになり、塗膜の剥がれや膨らみの原因となります。

洗浄作業の際には、できるだけ立ち会って確認するのがベストですが、難しい場合は洗浄前後の写真を撮影してもらうことで予防できます。

外壁塗装では、下塗り、中塗り、上塗りを行うことが基本です。

しかし、たくさんの回数で塗布されないと塗料が外壁に適切に密着せず、塗装の品質に影響を与えます。

塗料の性質や外壁材によっても適切な塗布回数は異なるため、塗装業者の高い知識と経験が必要です。

塗装回数不足を防ぐためには、下塗り、中塗り、上塗りの各工程の写真を業者に撮影してもらうことがおすすめです。

見積もり段階で約束されたグレードよりも低品質な塗料を使ったり、品質保証のない業者独自の塗料を使用したりすると外壁塗装の膨らみが生じることがあります。

塗料の品質を確認するために出荷証明書を要求したり、業者独自の塗料を避けることもできますが、信頼できる優良業者から品質の高い塗料を選ぶのがおすすめです。

外壁塗装の膨らみの補修方法は、範囲や状況によって異なります。

膨らみが広範囲に及んでいる場合は、外壁全体の塗り直しが必要な場合もあります。

外壁塗装から数か月〜1年程度で膨れが起きた場合は、塗装の方法に問題があった可能性が高いです。

塗装してもらった業者へすぐ連絡をし、膨らみを削って再塗装してもらわなければなりません。

保証期間内であれば無料で再塗装してもらえることもあるため、必ず確認しましょう。


軒の施工前の様子です。

軒の高圧洗浄の様子です。


軒の上塗りの様子です。

軒の施工後の様子です。


軒樋の施工前の様子です。


軒樋のケレンの様子です。


軒樋の上塗りの様子です。

軒樋の上塗りの様子です。


軒樋の施工後の様子です。


破風の施工前の様子です。


破風の上塗りの様子です。


破風の上塗りの様子です。


破風の塗装後の様子です。

塀の下塗りの様子です。

下塗りが大事な理由は以下の通りです。

・外壁と上塗り塗料を接着させる

外壁塗装で下塗りの役割は非常に重要です。

上塗り塗料は、実は接着力がほとんどなく、そのまま外壁に塗ってもすぐに剥がれてしまうからです。

そこで、下塗り塗料が役立ちます。

下塗り塗料は、外壁と上塗り塗料を密着させる接着剤のような役割を果たし、上塗り塗料の密着性を高めることで、すぐに剥がれてしまうといった問題を防げます。

・上塗り塗料が傷んだ外壁に吸い込まれるのを防ぐ

下塗り塗料は、傷んだ外壁への塗料の吸い込みを防ぐ役割も担っています。

新築から10年以上が経った外壁には、様々なひび割れや欠損が存在します。

しかし、荒れた表面はスポンジのように塗料を吸い込んでしまうため、上塗り塗料の機能を十分に発揮させて長持ちさせるために必要な厚さをつけることができなくなってしまいます。

その結果、塗装面に色や艶のムラが発生し、見た目が悪くなるだけでなく、塗装が薄くなっている箇所にも問題が生じることがあります。

下塗り塗料を使用することで、傷んだ外壁に塗料が吸い込まれるのを防ぐことができます。

これにより、上塗り塗料が外壁に吸い込まれず、色ムラのない美しい仕上がりを実現することが可能です。

ただし、下塗り塗料の使用量が十分ではない場合、下塗り塗料が外壁に吸い込まれてしまい、上塗り塗料が十分に密着しなくなってしまいます。

そのため、外壁や屋根の劣化が激しい場合は、下塗り塗料を2回塗るなどの対策が必要です。

・塗装の機能を向上させる

上塗り塗料と同様に下塗り塗料にもさまざまな機能があります。

代表的なものとしては、下地表面を固める機能、防カビ機能、防サビ機能、太陽熱を効果的に反射する遮熱機能などがあります。

適切な下塗り塗料を選ぶことで、住まいの下地や周辺環境に合わせた組み合わせが可能となり、塗装の効果を向上させることができます。

・下地の色を隠すことで、仕上がりを美しくする

下塗り塗料には外壁色を覆い隠す「隠蔽性」を持つものも存在します。

たとえば、濃い色から淡い色に塗り替える場合、もとの外壁(下地)の色が透けてしまい、思った通りの色にならないことがあります。

そうした場合には、白色の下塗り塗料をたっぷり塗って下地の色を少しでも隠すことで、より美しい仕上がりを実現することができます。


塀の上塗りの様子です。


塀の上塗りの様子です。


塀の塗装後の様子です。

ベランダの高圧洗浄


ベランダの高圧洗浄前の様子です。


ベランダの高圧洗浄前の様子です。


ベランダの高圧洗浄の様子です。


ベランダの高圧洗浄の様子です。

ベランダのメンテナンス時期は、築年数が10年~12年頃です。

ベランダは、常に紫外線や風雨に当たってしまう事で、徐々に劣化していきます。

10年~12年が経過したら、一度業者に点検してもらう事をおすすめします。

今回は、高圧洗浄のみでしたが、ベランダの防水工事を行う事もあります。

ベランダの防水工事のサインは以下のとおりです。

・ひび割れている・膨れている・めくれている

表面のトップコートだけが劣化している、下の防水層まで劣化していることが考えられます。 

・表面が色あせている

ベランダの床の表面が色あせている場合、トップコートの防水機能が低下していると考えられます。

・水がたまる

ベランダに水がたまるのは、防水効果が低下している、排水溝によごれや劣化がある、床の勾配がとれていないなどの理由が考えられます。
防水効果が低下している場合、防水層を新しくする必要があります。

・植物が生えてきている

床を割って植物が生えている場合は注意が必要です。
防水層を破壊してしまう恐れがあります。

・シート防水の浮きや破れ

シート防水の浮きや破れは、その箇所から水が侵入してしまう可能性があります。

その他の箇所

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

BEFORE

BEFORE

AFTER

AFTER

施工価格 80万円-100万円