新居浜市の方が外壁塗装をする時に知っておいてほしい事

新居浜市の方が外壁塗装をする時に知っておいてほしい事について知っていますか?

新居浜市の方が外壁塗装をする時に知っておいてほしい事についてあまり知らないという方が多いと思います。

そんな方向けに新居浜市の方が外壁塗装をする時に知っておいてほしい事について詳しく紹介します。

すでに詳しい方は改めて確認するつもりで読んでみて下さい。

まずは外壁塗装のメリットからみていきましょう。

目次

外壁塗装のメリット

外観が良くなる

外壁塗装により、建物の美観が向上し、外観が美しい状態になるメリットがあります。

長年のこびりついたコケやカビなどを高圧洗浄で除去できます。

そして、つやのある塗装を施せば、まるで新築のように輝きを取り戻します。

さらに、光触媒やフッ素塗料を活用することで、セルフクリーニング効果が期待でき、手入れなしで雨水によって外壁が綺麗な状態に保たれます。

イメージを変えられる

外壁塗装により美観を向上させるだけでなく、色や模様を一新することで建物のイメージを変えるメリットがあります。

塗装の手法や使用する塗料によって、色だけでなくツートンカラーに調整したり、高級感を演出したり、コンクリート風に変化させるなど、様々なバリエーションを楽しむことが可能です。

外壁塗装は約10年から15年ごとに必要ですが、そのタイミングで建物を流行に合わせて新たな姿に変身させることができます。

日常の中で自宅の印象が変わることで、気分もより晴れやかになります。

建物の寿命が延びる

外壁塗装には建物の耐久性を向上させるメリットもあります。

具体的には、外壁塗装することでコーキングも新しくなるので防水処理能力が増し雨漏りリスクを軽減してくれます。

外壁のクラック(ヒビ)部分には新たにコーキングを施してくれます。

定期的な外壁塗装をサボれば、外壁は劣化し雨漏りが起きてシロアリの被害や基礎の腐食のリスクが高まり、定期的な外壁塗装によって建物の寿命が向上します。

外壁塗装以外に建物の点検もできる

外壁塗装前には、建物の劣化状況や必要性を確認するため、職人が建物を隅々まで点検してくれるメリットがあります。

この点検は建物の耐久性向上に繋がるだけでなく、未発見の劣化に気付くことができます。

最近ではドローンを使用する業者も増え、より効率的に点検が行われています。

外壁塗装前の点検は、多くの業者で無料で提供されています。

塗料によっては省エネ効果がある

塗料によっては外壁塗装によって遮熱や断熱の省エネ効果のメリットもあります。

遮熱、断熱効果によって、夏場や冬場のエアコン稼働時間を減らすことができるので電気代の節約に繋がります。

遮熱や断熱による効果は一般家庭にもありますが、特に工場や倉庫などの断熱処理が甘い環境で発揮されます。

ちなみに一般的な塗料と遮熱、断熱塗料を比較すると表面温度で24℃、室内温度で3〜4℃ほどの差が出ることもあります。

建物の価値が上がる

外壁塗装により建物の価値が上がるメリットも期待できます。

定期的な外壁塗装を行った建物は、未塗装の建物と比較して外壁、ベランダ、軒天、目地などの劣化が進んでいないため、将来的な売却時により高い価格で取引される可能性があります。

将来を見据えて外壁塗装を行うことは、相続や売却、建物の解体と土地の売却などにおいてもメリットとなります。

耐震と防火効果

外壁塗装は直接的には耐震性を向上させませんが、壁材を保護し、耐震補強の役割を確実に果たすことで、耐震性に関係してきます。

同時に、外壁の種類によっては火熱を遮る効果があり、防火効果を高める要因となります。

外部からの火の移りを遅らせることは、安全性を向上させる重要な要素となります。

外壁塗装のデメリット

工事費用が高い

外壁塗装の相場が90万円から120万円と高額であることはデメリットです。

また、外壁塗装は建物にとって必要なメンテナンスであるため、この費用が定期的に発生することもデメリットです。

ただし、費用を削減して外壁塗装を怠ると、将来的にシロアリや雨漏りのリスクが増大し、最悪の場合建物自体が損傷する可能性もあります。

DIYで外壁塗装を行うことも一つの選択肢ですが、2階建て以上の建物では転落などの危険性があるため、注意が必要でおすすめできません。

近所に迷惑をかける可能性がある

外壁塗装には業者の車の出入りや高圧洗浄、足場の設置、撤去時の騒音、塗料の臭いなどが近隣に迷惑をかけるデメリットがあります。

工事前に近隣へ挨拶回りし、トラブルを避けるよう心掛けましょう。

挨拶回りは工事一週間前までに近隣8軒に済ませるのが良いです。

業者が挨拶回りを代行してくれますが、心配なら自分でも近隣に迷惑がかかる可能性(騒音や臭い)を説明すると良いでしょう。

塗装中生活に支障が出る

外壁塗装中は窓が開けられなかったり、騒音があったり、職人が出入りするなど、生活に制限が生じるデメリットがあります。

特に受験生の子供や赤ちゃんのいる家庭では余計にストレスを感じるかもしれません。

そのため、受験後や赤ちゃんが少し大きくなってから外壁塗装を検討すると、家庭の生活に対する影響を最小限に抑えることができます。

塗料の匂いが残る

外壁塗装後2〜3週間ほど、特に油性塗料はシンナーの臭いが残るデメリットがあります。

臭いに敏感な方は不快に感じることもあり、また近隣にも同様の迷惑がかかります。

気になる方は、臭いの少ない水性塗料を選ぶなどの工夫ができます。

これにより、臭いの影響を最小限に抑えることができます。

悪質業者がいる

外壁塗装業者の中には相場よりも高額な業者や工事が杜撰な業者など、悪徳業者が存在するデメリットがあります。

外壁塗装工事が10日〜14日ほどかかるため、工事の確認が難しい状況です。

悪徳業者は手抜き工事を行い、例えば3回塗りが2回塗りで終わったり、完全乾燥前に二度塗りを行ったりすることが報告されています。

この問題に対処するには、悪徳業者を選ばないことが重要ですが、見極めは難しいです。

信頼性のある外壁塗装の一括見積もりサイトなどを利用して、優良な業者を選定することで、悪徳業者から身を守ることができます。

外壁塗装をせずにいるとどうなる?


剥がれてくる

外壁塗装の剥がれは、劣化の中でも特に深刻な状態です。

塗料が劣化し、付着力が低下してしまい、外壁から剥がれてしまう状態で、外壁の保護が不十分なため、下地材にダメージが進行し、最悪の場合は外壁の欠陥につながる可能性があります。

剥がれが見受けられた場合は、外壁の状態が悪化する前に、外壁塗装の依頼を検討することをおすすめします。

雨漏りする

放置されたままの外壁材は、表面の塗膜が劣化し水分を吸収し、反りやひび割れが生じて崩れ落ちる可能性があります。

さらに、外壁材のつなぎ目やサッシ周りのコーキングも劣化し、割れや剥がれが生じます。

防水機能が失われ、雨水が侵入してしまいます。

シロアリの発生

雨漏りが発生すると、建物内に水が浸入します。

木造建築の場合、柱や土台などの構造部材が湿気を含み、シロアリが繁殖しやすい環境となります。

シロアリの被害により、木部が食い荒らされ、床が沈んだり、建物が傾いたりすることもあります。

構造部材の形が崩れる

シロアリの発生に気付かずに放置し続けると、柱や土台などの構造部材が朽ちていきます。

家そのものの劣化が進むと、軽い地震などの刺激で建物が崩壊する恐れがあります。

外壁のメンテナンスを怠ると、最悪の場合には家自体を失うことになります。

外壁塗装にかかる費用は決して安くはありませんが、外壁塗装を20年以上行っていない方は、まず専門業者に調査を依頼し、必要な対策を行うことをおすすめします。

業者を選ぶ時のコツ

施工実績を確認する

経験豊富な外壁塗装業者は、通常多くの施工実績がありますので、必ず過去の実績を確認することが重要です。

業者に対して、これまでどのような工事を行ってきたのか?、それらの工事にかかった費用はどれくらいだったか?などの質問をすることをおすすめします。

信頼できる業者は、過去の施工実績について詳細に説明できるはずです。

悪徳業者は詳細な情報を提供できない可能性があります。

施工実績の内容説明が十分であるほど、業者の信頼性が高まります。

確実な情報を得るためには、慎重に質問し、実績を確認することが重要です。

複数の業者から見積もりをとる

適正な価格での見積りを得るためには、相見積もりをとることがおすすめです。

1社だけでなく複数の業者に見積りを依頼することで、悪徳業者が相場よりも高い見積りを提示するリスクを軽減できます。

他の業者に見積りを頼んでいる事を伝えると、業者は不当に高い金額を提示することが難しくなります。

相見積もりを依頼する際は、業者に対して「他の業者にも見積もりを頼んでいます」と伝え、競争の中で適正な価格を引き出すことが重要です。

相見積は業者の数を過度に増やすと混乱を招く可能性があるため、通常は3社程度に絞ると良いでしょう。

見積もりを比較し、高すぎず安すぎず、相場価格で工事を行っている信頼性のある業者を選ぶことが大切です。

質問にしっかりと答えられるか確認する

不安や疑問を感じた場合、業者に質問して対応を確認することは重要です。

特に、質問に対する回答が外壁塗装のメリットだけでなく、デメリットも含めてしっかりと説明できるかがポイントです。

あいまいな態度や具体的な説明ができない業者は、信頼性が低い可能性があります。

悪徳業者は、メリットを強調しデメリットを隠そうとすることもあるため、注意が必要です。

難しい専門用語を用いて誤解を生じさせようとする営業マンにも警戒しましょう。

急かすような営業手法には慎重に対処する必要があります。

「今日中に決めれば安くします」といった言葉には騙されず、じっくりと検討することが大切です。

良心的で誠実な対応をしてくれる業者を選ぶことで、外壁塗装を安心して依頼する事ができます。

建設業の許可票を確認する

外壁塗装業者が持っている許可の一つに、建築業の許可票があります。

500万円以上の費用がかかる外壁塗装工事を請け負うには、建築業の許可が必要です。

通常、一般住宅の外壁塗装工事では500万円を超えることはほとんどないですが、建築業の許可を得るには自治体や国の審査が必要です。

そのため、建築業の許可票(塗装工事業許可票)を保有している外壁塗装業者は、信頼性が高いと言えます。

アフターフォローや保証内容を確認する

契約前には必ずアフターフォローや保証内容を確認することが重要です。

業者に悪気がなくても、トラブルや不具合が発生する可能性があるため、外壁塗装に関するアフターフォローが重要です。

外壁塗装に不具合が生じた場合、余分な手間や費用が発生する可能性があります。

そのため、業者が発行する品質保証書の内容や受けられる条件、保証期間を確認しましょう。

外壁塗装の保証内容は「品質保証書」として書面に残されることが一般的です。

この書類は絶対に紛失せず、保管しておくことが重要です。

確実な情報を手に入れ、安心して契約するためにも確認作業は欠かせません。

家の近くの業者を探す

自宅から車で30分圏内の業者が理想ですが、最低でも1時間程度で来られる業者が目安です。

見積もり、打ち合わせ、実際の工事、アフターケアにおいて、素早く対応をしてくれる業者を選ぶことが重要です。

距離ではなく移動時間を基準にすることがポイントで、同じ市区町村内の業者よりも隣の市区町村にある業者が早い場合、そちらを優先して検討すると良いでしょう。

業者の住所が不明な場合は避け、信頼性が高く、迅速な対応が期待できる業者を選ぶことが大切です。

塗装現場の様子を見に行く

外壁塗装を近所で行っている現場を見ることは非常に重要です。

現場の様子、職人の態度、作業中の清潔さなどを確認することで、業者の信頼性を判断できます。

職人がくわえタバコで作業していたり、現場が乱雑でゴミが散乱していたりする場合、また飛散防止ネットが汚い場合は、その業者の信頼性が疑われます。

現場に停まっている業者の車に書かれている業者名をチェックし、声をかけ合っている職人たちがチームワークよく協力している様子も確認するのがおすすめです。

電話対応が良い業者を選ぶ

優良業者の特徴として「迅速な対応」があります。

業者が電話に出るまでの時間や対応の丁寧さ、社名を伝えるなどが重要なポイントです。

呼び出し音が鳴りっぱなしで中々応答がなかったり、ぶっきらぼうな態度の業者は避けた方が良いでしょう。

呼び出し音が3回までという状況でも、お待たせしましたといった一言があるかどうかも大切です。

顧客の満足度をあげたい業者は、社員教育にも力を入れている可能性が高く、その姿勢は電話対応からも分かります。

しっかりとした対応が期待できる業者を選ぶと信頼性が向上します。

外壁塗装の費用相場

坪数の費用相場

外壁塗装の費用相場は、坪数によって以下のようになります。


10坪:約20~50万円

20坪:約40~90万円

30坪:約60~100万円

40坪:約80~130万円

50坪:約90~160万円

60坪:約120~200万円

70坪:約140~230万円

80坪:約160~260万円

90坪:約180~280万円

100坪:約200~310万円


坪数は建物の延床面積で、外壁の面積は通常延床面積を1.2倍した数値が使われます。

1坪を3.3㎡として計算し、延床面積20坪の場合、外壁塗装の面積は約79.2㎡となり、費用は約40〜90万円となります。

一般的な戸建て住宅の延床面積は約30坪ほどで、最低でも60万円はかかると考えられます。

外壁塗装と屋根塗装を同時にする時の費用相場


外壁塗装の費用相場は、坪数によって以下のようになります。


10坪:40万円~70万円

20坪:70万円~110万円

30坪:80万円~120万円

40坪:100万円~140万円

50坪:120万円~180万円

60坪:150万円~210万円

70坪:160万円~250万円

80坪:180万円~280万円

90坪:200万円~300万円

100坪:230万円~350万円


外壁塗装と同時に屋根の塗り替えを行う場合は、外壁塗装の相場に20万円〜40万円を上乗せした金額が必要です。

これにより、一度の工事で足場の設置や材料の運搬が済み、費用を節約できるメリットがあります。

塗料の費用相場内訳

外壁塗装にかかる費用は、主に以下の材料に分かれます。これらは一般的な目安であり、地域や業者によって異なることがあります。


◯アクリル塗料

主成分:アクリル樹脂

費用:1,000~1,800円/㎡

耐用年数:3~8年


〇ウレタン塗料

主成分:ウレタン樹脂

費用:1,400~2,500円/㎡

耐用年数:5~10年


◯シリコン塗料

主成分:シリコン樹脂

費用:1,800~3,500円/㎡

耐用年数:7~15年


〇ラジカル塗料

主成分:シリコン樹脂 + ラジカル制御型酸化チタン

費用:2,200~2,800円/㎡

耐用年数:10~13年


〇フッ素塗料

主成分:フッ素樹脂

費用:3,000~5,000円/㎡

耐用年数:15~20年


〇特殊な塗料

セラミック塗料:3,500~5,000円/㎡、耐用年数10~25年

無機塗料:3,500~5,500円/㎡、耐用年数15~20年


外壁塗装の総額の約20%が材料費に充てられます。

価格だけでなく、塗料の選択は耐用年数や特性にも注意が必要です。

耐久性が高い塗料は、長期的には塗り替えの頻度が減り、結果的にコストを節約できることも考慮するべきです。

足場の費用相場

足場の設置にかかる費用は、以下の計算式で求められます。

足場の面積(外壁面積 × 1.3倍)×単価 = 足場の費用


例えば、住宅の延床面積が20坪の場合

20坪 × 3.3 = 66㎡

66 × 1.3 = 85.8㎡


外壁面積を1.3倍にして計算するのは、外壁を取り囲むのに少しのゆとりをもたせているためです。


足場の単価は1㎡あたり約600〜800円、飛散防止シートの単価は1㎡あたり約100〜200円です。

20坪の住宅では約6万〜9万円が足場代の目安とされています。

ただし、設置場所や住宅の階数によっても価格は変動するので注意が必要です。


足場代は、費用全体の約20%程度を占めています。

人件費の費用相場

外壁塗装工事における人件費の内訳と目安は以下の通りです。


・塗装作業を行う職人の労働費

 費用全体に占める割合:約30%


・飛散防止ネット張り

 費用:1㎡あたり100〜200円


・高圧洗浄

 費用:1㎡あたり100〜300円


・養生

 費用:1㎡あたり250〜400円


・シーリング補強

 増し打ち:1mあたり500〜1,000円

 打ち替え:1mあたり900〜1,500円


・下地補修

 費用:1㎡あたり1,700〜2,500円


人件費全体の割合が約30%とされており、経験豊富な職人の参加が増えるほど人件費も高くなります。

これらの費用は地域や業者によって異なる可能性がありますので、具体的な見積もりを取得することが重要です。

塗装費用を安くするコツ

複数の外壁塗装業者に相見積もりをとる

工事費用を節約したい場合は、複数の業者から見積もりをとるのがおすすめです。

各業者ごとに料金設定がわずかに異なるため、相見積もりを行うことでよりお得な費用で工事ができる可能性があります。

注意点は、3〜4社程度の業者から同じ品質の塗料に基づいて見積もりをとる事です。

見積もりをとりすぎると比較が難しくなりますので、適度な数に絞ることが重要です。

異なる塗料のグレードが提案されると比較が複雑になりますので、同じグレードの塗料で見積もりを依頼することをおすすめします。

足場が必要な工事をまとめてする

住宅のメンテナンスをコスト効果的に行いたい場合、足場が必要な工事は同時にまとめて実施することがおすすめです。


外壁塗装工事においても、足場費用は総工事費用の15~25%を占めます。


そのため、外壁塗装と同時に足場が必要な工事を行えば、将来的に足場費用の節約が期待できます。


例えば、屋根の塗装・修理や雨どいの交換など、高所作業の工事は同時に進めると良いでしょう。


◯足場が必要な工事一覧


・外壁カバー・張替工事


・屋根カバー・葺き替え工事


・付帯工事(雨樋・破風板など)


・屋根の雪止め設置


・屋上防水


など多数。

塗装のグレードを下げて塗装をしてもらう

外壁塗装工事の費用を抑える方法として、塗料のグレードを下げることもおすすめです。

外壁や屋根など紫外線にさらされる場所のグレードを低くすると、再塗装が早まる可能性があります。

紫外線が強い箇所では、シリコンやフッ素を使用し、雨どいや破風板などの付帯部分にはウレタンの塗料を選ぶなど工夫をして耐久性を保つことが重要です。

キャンペーンを活用する

塗装を検討する際には、塗装会社のキャンペーンを利用することもおすすめです。


キャンペーンを利用すると、通常価格よりも1~3割お得になることがあります。


◯一般的なキャンペーン内容


・初荷工事キャンペーン(年始に工事をスタートする条件)


・在庫一掃キャンペーン(使用できる塗料や色が限られる)


・紹介割りキャンペーン(紹介者と被紹介者がお得になる)


・WEB申込限定キャンペーン(WEBでの申し込みで10%オフなど)


これらのキャンペーン情報は、塗装業者のホームページなどで確認できます。ただし、訪問業者が「キャンペーン中なので安くします」と言う場合は注意が必要です。


具体的な内容を確認し、モニター価格や50万円以上の値引きなどは慎重に検討するよう心がけましょう。

繁忙期ではない時に工事をお願いする

工事をお得にしたいのであれば、春や秋ではなく、夏や冬に工事を検討すると良いです。

外壁塗装工事は通年できますが、春と秋がリフォームシーズンであり人気です。

そのため、夏や冬は業者にとって比較的閑散期となり、工事を契約するために価格交渉が成功しやすくなります。

工事の品質には影響を与えずに高品質な仕上がりを得られるチャンスです。

しかし、無理な値引き交渉は工事品質に悪影響を与える可能性があるため、慎重に交渉することが重要です。

火災保険を活用する

自然災害などで、破損した箇所があれば、火災保険を利用することがおすすめです。

屋根修理に伴う足場工事も必要となりますが、火災保険で補償される場合、外壁塗装工事を同時に行うことで足場費用を節約できます。

しかし火災保険を利用するにはいくつかの条件があります。

例えば、風災補償に加入していること、被害が3年以内であること、工事が20万円以上などです。

保険会社により条件は異なります。

火災保険を活用したい場合は、契約前に条件や審査について確認することが重要です。

新居浜市には外壁塗装の助成金はある?

新居浜市の外壁塗装助成金の詳細

愛媛県新居浜市では、現時点で外壁塗装に関する助成金の支給は行われていないようです。

情報は変更される可能性があるため、最新の情報を確認するためには市役所に直接問い合わせることがおすすめです。

先ほどもお話ししたように助成金以外にも塗装費用を安くする方法は存在するため参考にしてみて下さい。

問い合わせ先

新居浜市役所

新居浜市一宮町1-5-1

電話:0897-65-1234

新居浜市の公式サイト

https://www.city.niihama.lg.jp/

愛媛県で外壁塗装の助成金が支給される条件

助成金を利用する自治体内に住んでいることおよび住宅が建っていること

申請者は、助成金を利用する自治体内に住民票があるか、住民基本台帳に登録されている必要があります。

同時に所有する住宅も自治体内に建っている必要があり、これは、自治体ごとに課せられている必須条件です。

受付期間内に申請・完了報告を提出していること

申請者は、自治体が指定する期間内に申請書または完了報告書を提出する必要があります。

通常は、工事前に申請書を提出し、工事完了後に作業完了報告書を提出する形式です。

計画的な相談を通じて、期間内に両方の資料を提出するよう心がけましょう。

指定された施工業者に依頼していること

助成金制度では、自治体が指定した施工業者に依頼することが求められ、各自治体ごとに異なるため、自治体外の業者に依頼する場合は注意が必要です。

指定業者以外に依頼すると、助成の対象外になる可能性があります。

各種税金を滞納していないこと

申請者は、所属する自治体の住民税や固定資産税など、さまざまな税金を滞納していない必要があります。

公的な支払い義務がある健康保険や医療保険なども含まれます。

過去に同様の助成金制度を利用していないこと

同様の助成金を受けたことがある場合、再度の給付は受けられません。同様の給付金でなくとも、似たような制度を利用している場合も注意が必要です。

自治体によっては、特定の期間内に給付を受けた歴があるかもしれませんので、確認してみましょう。

外壁塗装の助成金の申請方法

①業者に見積もりをしてもらう

申請には、業者の工事の見積もり書が必要です。

見積もり依頼から始め、見積もりをもらうのにかかる時間を考慮しましょう。

塗料の性能を証明するためのカタログ提出が求められる場合もあるため、注意が必要です。


②必要書類入手

自治体の公式サイトから申請に必要な書類を入手します。

申請書のダウンロードや記入、必要な添付資料の準備を進めます。


③必要書類提出

提出は窓口または郵送で行います。

自治体によっては郵送が認められない場合もあるため注意が必要です。


④審査結果の通知(約2週間)

多くの自治体は先着順の審査を行います。

新年度からの応募が始まるため、早めの応募が重要です。


⑤契約をして工事開始

外壁塗装の契約と工事が始まります。

途中経過や完了後の記録写真が必要な場合があるので、自治体の要項を再確認しましょう。


⑥実績報告書と請求書の提出

工事完了後、実績報告書と請求書を作成し、自治体に提出します。

工事の実績報告や記録写真が必要な場合に備えて、内容などを再度確認しましょう。

まとめ

今回は、新居浜市の方が外壁塗装をする時に知っておいてほしい事について紹介しました。

新居浜市の方が外壁塗装をする時に知っておいてほしい事について、詳しく知りたかった方は、参考になる内容が多かったのではないでしょうか。

派手な広告をせずに集客しているため、「低価格」「丁寧」「高品質」の塗装工事が実現できています。

見積もり以外に不明点や不安がある方もお気軽にお問い合わせ下さい。

無料でお見積もり・ご相談をお受けしております。

愛媛県で外壁塗装・屋根塗装をするなら、大手塗料メーカーが四国No.1と認めた砂田塗装にご相談下さい。

外壁塗装の流れについて知りたい方はこちらをご覧下さい。
塗装の専門家にご相談・お見積りができます塗装の専門家にご相談・お見積りができます
お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ
LINE簡単無料見積りLINE簡単無料見積り