無料現地調査ご予約はこちら

お見積り・ご相談はこちら

089-979-1880

【電話受付時間】10:00~19:00【定休日】日曜日

Instagram

LINE

LINE

089-979-1880

松山市リフォーム補助金令和4年 外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り修理なら愛媛県 松山市の外壁塗装専門店【株式会社砂田塗装】

  • HOME
  • ブログ
  • 松山市リフォーム補助金令和4年 外壁塗装・屋根塗装・防水工事・雨漏り修理なら愛媛県 松山市の外壁塗装専門店【株式会社砂田塗装】


受付方法について

 わが家のリフォーム応援事業の受付については、まず、事前申請の受付を行い、事前申請の補助金の合計額が募集枠を超えた場合に、事前申請を受け付けた方全員を対象に抽選を行います
 当選した方は本申請の対象者となり、閉庁日及び開庁時間外を除き本申請受付期間内に本申請を行うことができます

※事前申請をされる方へのお願い
 事前申請は先着順ではありません。
 受付時間外での申請書提出のための来庁はご遠慮ください。

申請ができる人

  • 次のすべてに該当する人が条件となります。
  1. 法務局で登記されている リフォーム工事を行う住宅を所有し、現在その住宅に住んでいる人(実績報告までにその住宅に住む人及び単身赴任者を含む。)
  2. 市内に営業所等を有するリフォーム業を営む者等と工事請負契約を締結する人
  3. 実績報告後、松山市が行う現地確認を受けることができる人
  • 上記に該当している人であっても、次のいずれかに該当する人は補助対象者となることができません。
  1. 「住まいるリフォーム補助制度」(平成26年度から平成27年度まで)に基づく補助金の交付を受けている人
  2. 既にこの制度による補助金の交付を受けている人
  3. 市税を滞納している人(市内外を問わず。)
  4. 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員

申請ができる住宅

  • 法務局にて登記がされている松山市内にある戸建て住宅又は集合住宅(賃貸は除く)で、申請者が所有している住宅

備考1:分譲マンションについては、申請者が所有している専有部分のみが補助対象となります。
備考2:店舗併用住宅については、延床面積の2分の1以上を居住に使用し、かつ、店舗と住宅を建物内部で行き来できる住宅の外壁・屋根及び居住に使用している部分の改修に限ります。
備考3:主たる住戸から切り離されている建物(離れなど)は、補助対象外となります。

申請対象工事

  1. 4つの申請タイプのいずれかが50万円(税抜)以上のリフォーム工事(リフォーム基本工事)
  2. リフォーム基本工事に併せて行われる工事(住環境向上工事)

備考1:補助対象工事は、補助金交付決定後に市内に営業所等を有するリフォーム業を営む者等と工事請負契約を締結し、着工していただくこととなります。
備考2:工事完了後、市の定める期日(第1期募集分については12月20日、第2期募集分については2月28日)までに実績報告書を提出していただきます。期日までに実績報告の提出がない場合は、交付決定を取り消します。

リフォーム基本工事及び住環境向上工事の一覧

補助金額

  • 「リフォーム基本工事額」と「住環境向上工事額」の合計の10%(上限30万円)に「加算額」を加えた額

備考:補助金額が補助対象工事費(税抜)の2分の1を上回る場合は、補助対象工事費の2分の1を補助金額とします。

  • 加算内容

(1) 移住者:平成28年4月1日以後に市外から転入した人で、実績報告後3年以上定住する人(30万円)
※再転入者は、転入前の1年間松山市に居住していないこと及び松山市から転出する以前からリフォーム対象の建物を所有していないこと(相続による所有を除く。)

(2) 居住誘導区域:令和4年1月1日以後に居住誘導区域外から区域内に転居し、補助対象工事を行う人(10万円)

(3) リノベーション:令和4年1月1日以後に中古住宅を購入し、補助対象工事を行う人(10万円)

(4) 三世代同居・近居,多子世帯:申請する住宅のリフォームを行うことで、新たに三世代同居・近居になる人又は多子世帯に該当する人(30万円)
備考:三世代近居の場合は、申請者又はその配偶者と親・子・孫(18歳未満の人及び妊娠中の子に限る。)等の関係にある人が1Kmの範囲内に住宅を所有し、かつ、その人がその住宅に居住することが必要です。

工事を依頼できる業者の要件

  • 市内に住所を有する個人事業者で、リフォーム工事を営む者
  • 市内に営業所等を有する法人で、リフォーム事業を営む者

備考:市内に営業所等を有することの確認は、受付後、松山市にて行い、確認できない場合は、確認できる書類の提出を求める場合があります。

受付期間

第1期:募集枠1億円分
事前申請受付期間 抽選日(注釈) 本申請受付期間
令和4年5月9日(月曜日)から5月25日(水曜日)まで 令和4年5月30日(月曜日) 令和4年6月3日(金曜日)から7月27日(水曜日)まで
第2期:募集枠5千万円分
事前申請受付期間 抽選日(注釈) 本申請受付期間

令和4年8月1日(月曜日)から8月18日(木曜日)まで

令和4年8月23日(火曜日) 令和4年8月26日(金曜日)から10月17日(月曜日)まで

(注釈)抽選について

 事前申請の補助金の合計額が募集枠に満たないときは、抽選は行わず、事前申請者全員が本申請の対象者となります。

備考1:抽選の有無については、市ホームページに掲載します。電話での問い合わせも可能です。
備考2:抽選が行われた場合は、結果は市ホームページに掲載します。電話での問い合わせも可能です。また、抽選日後10日を目途に、すべての申請者の方に当選番号を書面で通知します。
備考3:抽選が行われなかった場合は、事前申請受付期間終了後2週間を目途に、すべての申請者の方に本申請の案内を書面にて郵送します。
お家の外壁塗装をされる方はぜひご利用ください。弊社ではご契約者様に補助金申請代行を無料にてさせて頂いています。

住宅の外装塗装はコストがかかりますよね。
そこで、今回は外装塗装の助成金・補助金制度についてお話しします。

□外装塗装の補助金とは何か


外装塗装には、工事費用を負担してくれる返済不要な補助金があります。
自治体によって外装工事費用の補助金の内容は少し違います。

外装塗装のサポートに助成金と補助金とありますが、この2つに大きな違いはなく、ほぼ同じものと考えて大丈夫です。
強いて違いを申し上げるなら、対象になる人の条件です。

例えば、各都道府県の補助金制度には以下の様な条件が含まれています。

・申請地域に在住の方
・賃貸ではない対象の住宅に住んでいる、または所有している方
・税金の滞納がない方

補助金は工事費用の5パーセント〜10パーセント、金額でいうと約7万円〜20万円程度を負担してくれる場合が多いです。

□松山市での外装舗装の補助金の申請方法について解説


次に具体的な申請方法についてお話しします。
ここでは、松山市の補助金についてみていきます。

まずは、申請の対象者に当てはまっているのか確認してください。
申請条件は以下の3つです。

・法務局で登記されている住宅を所有し、現在そこに住んでいる方
・市内のリフォーム業者と工事請負契約をしている方
・松山市が行う現地確認ができる方

これらに該当すれば、次に事前申請です。
補助金交付事前申請書、補助対象工事の見積書のコピー、委任状(代理人が行う場合)の3つを松山市役所まで持っていきます。
令和4年の受付期間は8月1日〜8月18日です。
郵送やFAXでの受付は一切行っていないので気をつけましょう。

事前申請での抽選に受かった方は、本申請に進みます。
申請に必要なものは以下の14種類の書類です。

・対象工事を行う住宅の写真
・住民票
・完納証明書
・登記事項証明書
・対象工事の見積書
・補助対象工事の図面
・暴力団排除に係る誓約書
・各種同意書
・銀行等口座番号確認書
・対象住宅の位置図
・過去の居住に関する誓約・承諾書
・ 省エネ改修工事内容確認書
・委任状(代理人が本申請を行う場合)
・補助金交付申請書

これらの書類を市役所に持っていき、通った方が補助金を受けられます。
令和4年の受付期間は8月26日〜10月17日です。

□まとめ


このように外装塗装の助成金・補助金は申請することで外壁塗装に関する費用を抑えられます。
内容を確認して、対象になっているのであれば申請してみてはいかがでしょうか。
また、何か外壁塗装に関する疑問点があればお気軽に当社までご連絡ください。

  • 外壁にひび割れ(クラック)がある
  • 壁に触ると白くなる(チョーキング)
  • 新築で家を建てて10年以上経つ
  • カビやコケ、サビがある
  • 塗装が剥がれている

一般的な塗り替え時期は7~10年といわれております。
紫外線や風雨から建物を守る外壁は、長年さらされ続けることで徐々に劣化していきます。
住まいの美観を守ることはもちろん、『住まいを守る』ために定期的な外壁塗装が大切になります。

  • 雨漏りがする
  • コケやカビ、サビがある
  • 屋根が色褪せてしまっている
  • ひび割れがあるなど

10年以上メンテナンスをしていなかったり、築年数が20年を超える場合、屋根が劣化していることがほとんどのため、早めの対策が必要となります。
シーリング/防水工事は、住まいへの水の侵入を防ぐため必要です。
外壁・屋根塗装と同様、防水工事をしっかりと行っていれば、雨漏りなどに悩まされず、
建物の劣化も起きにくい健康な建物を維持できます。
屋上・屋根、ベランダ・バルコニー、共用廊下や共用階段など様々な部位に施工がされているため、10~15年のサイクルで防水工事を行うことをおすすめいたします。

株式会社砂田塗装について

愛媛県松山市にある株式会社砂田塗装では、愛媛県全域で外壁塗装・屋根塗装や防水工事に関するお悩みにお応えしております。塗装の国家資格を持った職人が地域(愛媛県)に密着し、お客様のご要望をしっかりとお伺いした高品質で安全な施工を実現いたします。
お見積りは無料ですので、外壁塗装や屋根塗装、防水工事のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

ベストなプランをご提案

ベストなプランをご提案

砂田塗装では、現地調査はもちろん、施工前にお客様のお悩みやご要望をしっかりと丁寧なカウンセリングでお伺いし、失敗しない最適な施工プランをご提案いたします。
必ず施工プランとお見積りを丁寧にわかりやすい説明でご説明するようにも心掛けておりますので、塗装工事が初めての方でも安心してご利用いただいております。
一般住宅/マンション/商業施設/店舗の塗装・防水工事のことなら当社にご相談ください。

塗装の国家資格を持った確かな技術

当社は国家資格である一級塗装技能士を持った職人がお客様の施工を担当いたします。一級塗装技能士は実務経験7年以上の職人が、実技・筆記試験に合格してやっと得られる国家資格です。
この一級塗装技能士が、お客様との窓口となり、ご要望のヒアリングからお見積りの作成、担当いたしますので、安心の施工をお約束いたします。

地域に密着(愛媛県)

当社では、自社一貫施工のため、安全管理を徹底し、高品質な塗装工事を実現しております。
愛媛県全域の地域の皆様に安心してご利用いただけるように施工して終わりではなく、施工後のアフターフォローも親切・丁寧な対応を心掛けております。
松山市を中心に、愛媛県全域のお客様にご利用いただいておりますが、ご相談いただければ、県外の方の施工にもお応えできる場合もございます。

 

お問い合わせはこちらから!