無料現地調査ご予約はこちら

お見積り・ご相談はこちら

089-979-1880

【電話受付時間】10:00~19:00【定休日】日曜日

Instagram

LINE

LINE

089-979-1880

紫外線対策になる対紫外線塗料について解説します!

  • HOME
  • ブログ
  • 紫外線対策になる対紫外線塗料について解説します!
劣化した外壁を見て塗装を考える人もいるでしょう。
その劣化した外壁には、塗装だけでなく紫外線対策が必要です。
目で見えなくても、外壁にもケアが必須です。
今回は紫外線の対策に役立つ対紫外線塗料についてお話しします。

□紫外線から外壁を守る意味


なぜ紫外線から外壁を守る必要があるのでしょうか。
外出時に肌に日焼け止めを塗る人は多いですよね。
人が紫外線を気にするように、常に直射日光に当たっている外壁も気をつける必要があります。
外壁塗装の劣化の主な原因は紫外線です。

特に紫外線というものは、外壁の塗膜を破壊します。
また、樹脂層の劣化も引き起こします。

このような劣化を放置すると、雨漏りの原因になります。
雨漏りをするということは、水が住宅に染み込み、建材を劣化させます。
日本で最も多い木造建築なら尚更危険です。
紫外線から外壁が劣化し、それを放置すると住宅全体の劣化に繋がるのです。

このような理由から紫外線に強い外壁が必要なのです。

□外壁の紫外線対策をご紹介!


ではどのようにして外壁の紫外線対策をすれば良いのでしょうか。
いくつかその方法を紹介します。

まずは、紫外線に強い塗料を探すことです。
塗料には、グレードという品質レベルがあります。
その中にラジカル制御型塗料というグレードがあります。
ラジカル制御型塗料は、大手塗料メーカーから2012年に販売開始された比較的新しい塗料です。

紫外線に強いという特徴を持っており、注目を集めています。
ラジカル制御型塗料を取り扱っているか、業者や工務店などに聞いてみましょう。

次に、UVスプレーです。
こちらは市販でも手に入ります。
広範囲を自分で塗るのは難しいですが、応急処置や小さい範囲でしたら効果が期待できます。
簡単に手に入るので、気になる方は一度買ってみるのも良いでしょう。

最後は、植物です。
ガーデニングや植物を育てるのが好きな方は、大きいものやつるなどを壁際で育ててみましょう。
紫外線だけでなく、夏には室内温度を下げてくれるなどエコな生活を送れます。
原始的な発想ですが、植物は酸素を作ってくれたり、気温を下げたり、紫外線をカットしてくれたりと効果は抜群です。

□まとめ


外壁の紫外線対策はとても大切です。
一見目立たない点ですが、ここをしっかりと行うことで後の住宅の安全性に繋がります。
劣化対策の為にも、外壁塗装をする際はUV対策のことも同時に考えましょう。
他に塗装の件で気になることがありましたら、プロである砂田塗装へご連絡下さい。
親身になってご相談にのらせて頂きます。