無料現地調査ご予約はこちら

お見積り・ご相談はこちら

089-979-1880

【電話受付時間】10:00~19:00【定休日】日曜日

Instagram

LINE

LINE

089-979-1880

外壁塗装の塗り替え時期や種類、相場について解説します!

  • HOME
  • ブログ
  • 外壁塗装の塗り替え時期や種類、相場について解説します!

お家の外壁塗装を考えられている方へ
外壁塗装の時期やタイミング
ご自分で診れるポイント
外壁塗装の種類や相場など
詳しくお話します。

□外壁塗装の時期や塗り替えポイント

最初に外壁塗装の塗り替え時期について
説明します。
一般的に10年で外壁塗装の塗り替えを
行うと言うのが
主流といえますが、
目地のシーリングの劣化が激しく
塗る必要が無いのに
足場代がもったいないから目地の
シーリングとセットで塗装を
築7年ですると言うこともあります。
反対に築10年経ったけど新築時に
外壁をコーティングしていて
綺麗な外壁を保っている
シーリングの破断や劣化も少ないなど
必要の無い場合もあります。
その場合築15年目安でお家の外壁
診断してもらうといいでしょう。
立地条件などでも劣化具合は変わります。
外壁に藻や苔が生えやすいような
立地のお家や海が近くて塩害をうけている、
山奥で雪が降りやすい地域など
様々な場合の立地条件があると思います。
藻や苔が生えやすいお家の方は
家庭用高圧洗浄機などで掃除をするといいです。
海の近いお家は鉄部の錆が進行しやすく
点検頻度も一般的なお家より
確認するといいでしょう。
雪の多い地域のお家は樋が雪の重みで
曲がったりして樋の勾配が変わったりするので
確認してみてください。


□塗り替えポイント①
シーリングの破断

外壁の目地の部分を確認してみてください。
ひび割れや切れなどがありましたら
内部に雨で水が侵入
していて日に日に外壁にダメージを
与えていると言えます。
新築時に採用されるシーリングの
種類によっては10年持たない
シーリングを打っていることが多いので
割と築10年で劣化している
お家も見られます。
弊社では外壁塗装の際塗料のランクに
合わせたシーリング材の選定をしています。
重大性☆☆☆☆

□塗り替えポイント②
チョーキング現象


外壁にチョークのような粉が吹いている
これをチョーキング現象と呼びます。
外壁の旧塗膜が日々紫外線や雨風により
劣化してこのような現象
が起こります。塗り替えサインと言えるでしょう。
重大性☆☆


塗り替えポイント③
藻やカビの発生



外壁や屋根に藻やカビが発生していると
常に外壁は湿っているとも
言えます。外壁腐食の原因にもなり兼ねないので
一度チェックされて見てください。
定期的に柔らかいブラシで掃除するか
家庭用高圧洗浄機で洗いましょう。
高圧洗浄される場合は周り近所に
気を付けましょう。
重大性

□塗り替えポイント④
外壁の剥がれ




水の侵入や新築時の施工不良により
このように浮きや剥がれ
がありますと最悪の場合交換になります。
早めの処置で交換にならないようにしましょう。
重大性☆☆☆☆☆

□塗り替えポイント⑤
外壁のひび割れ(クラック)


このような外壁のひび割れを放置されると
広がっていき
外壁塗装をされる際に
工賃が上がります。
0.3ミリ以下のひび割れを
ヘアークラックと言います。
ヘアークラックは緊急性は
少ないですが外壁の内部に
雨風が侵入出来るので
日に日に劣化させています。
0.3ミリ以上のひび割れのことを
構造クラックと言います。
こちらは放置されると構造自体からくる
クラックの可能性があるため
早めに補修を推奨します。
重大性☆☆☆

□塗り替えポイント⑥
バルコニーや屋上の防水層


ご自分でベランダを見られてください。
ひび割れや剥がれ、浮きなどありましたら
防水を早めにしましょう。
漏れてから防水をするのではなく
漏れる前に防水をするべきです。
漏れて部屋に雨漏りすると壁紙の張替など
費用が変わってきます。
塗装も防水も早めの施工で
お家の寿命は確実に伸ばせます。
重大性☆☆☆☆☆

□外壁塗装の種類について

□手塗り

□吹付け



外壁塗装の種類は手塗りと吹付があります。
使う塗料によって工法を選定しています。
三回塗りが主流といえますが五回塗りの工法も
存在しているので必ずしも
三回塗りが基本とも言えません。
塗料のランクも
(低)アクリル➡ウレタン➡シリコン
➡高級シリコン➡フッ素➡無機(高)
様々な樹脂の塗料があります。
今まではシリコンが主流でしたが、
最近ではフッ素や無機のような
高耐久塗料で塗る方が多くなっています。
弊社の塗装ではアクリルやウレタンは
耐久性が4-7年と短く
基本お見積書には入れていません。

□シリコン



こちらは(株)アステックペイント様の
シリコン塗料になります。
弊社でも多く採用されており
リーズナブルで人気の塗料です。
シリコンの中でも13-16年の耐用年数があり、
シリコン濃度が
他メーカーに比べシリコン濃度が
多めに入っていて、なおかつ
遮熱機能の物もありリーズナブルな価格で
欲張りな方向けの塗料になります。

□フッ素



こちらも(株)アステックペイント様の
フッ素塗料になります。
価格もシリコンと大幅に変わらず
シリコン以上の16-20年の耐用年数です。
さらに遮熱機能の入っている物もあります。
お値段も安めでかなり長持ちさせたい方向けの
塗料になります。

□無機


(株)アステックペイント様の
無機塗料になります。
こちらは20年以上の耐用年数があり
お家にかなり
こだわりを持たれる方、
最後の塗装を考えられている方に向いている
最上級ランクの塗料と言えます。
最上級とはいえ長いサイクルでみると
生涯外壁塗装にかけるコストは一番安くなります。

□外壁塗装の相場(愛媛県)

愛媛県の外壁塗装の相場は
お家の種類や補修の具合立地条件
シーリングの有無塗料のランクなどにより
変わりますがあくまで目安と思ってください。

□外壁塗装20坪相場

50万円~80万円

□外壁塗装30坪相場

65万円~100万円

□外壁塗装40坪相場

80万円~120万円

□外壁塗装50坪相場

95万円~140万円

□屋根塗装20坪相場

15万円~25万円

□屋根塗装30坪相場

20万円~35万円

□屋根塗装40坪相場

25万円~45万円

□屋根塗装50坪相場

30万円~55万円
外壁塗装の詳細料金はこちら<

  • 外壁にひび割れ(クラック)がある
  • 壁に触ると白くなる(チョーキング)
  • 新築で家を建てて10年以上経つ
  • カビやコケ、サビがある
  • 塗装が剥がれている

一般的な塗り替え時期は7~10年といわれております。
紫外線や風雨から建物を守る外壁は、長年さらされ続けることで徐々に劣化していきます。
住まいの美観を守ることはもちろん、『住まいを守る』ために定期的な外壁塗装が大切になります。

  • 雨漏りがする
  • コケやカビ、サビがある
  • 屋根が色褪せてしまっている
  • ひび割れがあるなど

10年以上メンテナンスをしていなかったり、築年数が20年を超える場合、屋根が劣化していることがほとんどのため、早めの対策が必要となります。





シーリング/防水工事は、住まいへの水の侵入を防ぐため必要です。

外壁・屋根塗装と同様、防水工事をしっかりと行っていれば、雨漏りなどに悩まされず、
建物の劣化も起きにくい健康な建物を維持できます。
屋上・屋根、ベランダ・バルコニー、共用廊下や共用階段など様々な部位に施工がされているため、10~15年のサイクルで防水工事を行うことをおすすめいたします。

砂田塗装では、現地調査はもちろん、施工前にお客様のお悩みやご要望をしっかりと丁寧なカウンセリングでお伺いし、失敗しない最適な施工プランをご提案いたします。
必ず施工プランとお見積りを丁寧にわかりやすい説明でご説明するようにも心掛けておりますので、塗装工事が初めての方でも安心してご利用いただいております。
一般住宅/マンション/商業施設/店舗の塗装・防水工事のことなら当社にご相談ください。

国家資格を持った確かな技術

国家資格を持った確かな技術

当社は国家資格である一級塗装技能士を持った職人がお客様の施工を担当いたします。一級塗装技能士は実務経験7年以上の職人が、実技・筆記試験に合格してやっと得られる国家資格です。
この一級塗装技能士が、お客様との窓口となり、ご要望のヒアリングからお見積りの作成、実際の施工まで担当いたしますので、安心の施工をお約束いたします。