無料現地調査ご予約はこちら

お見積り・ご相談はこちら

089-979-1880

【電話受付時間】10:00~19:00【定休日】日曜日

Instagram

LINE

LINE

089-979-1880

壁のひび割れの原因とその対策について分かりやすく解説します!

  • HOME
  • ブログ
  • 壁のひび割れの原因とその対策について分かりやすく解説します!
壁のひび割れはよく見かけますよね。
景観的に印象は良くないし、直したいと考えてる方も多いでしょう。
対策方法も知りたいし、何故ひびが入ってしまったのか気になると思います。
今回は壁のひび割れの原因と簡単な対処方法を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□壁のひび割れに多い原因を4つ紹介!


対策を取る為にもまずは原因を把握することが大切です。
壁のひび割れに多い原因には、以下の4つがあげられます。

1つ目は、下地素材の変形によるものです。
住宅の下地素材には主に石膏ボードや木材、コンクリートが使われています。
築年数が10年以上にもなると、下地素材が劣化し始め歪みや破損が起きます。
特につなぎ目はひび割れが最も起きやすい場所です。

2つ目は、窓やドアの開閉によるひび割れです。
窓やドアの付近にひび割れがあるのなら、揺れによる原因の可能性が高いです。
窓やドアの開閉数は多く、1日に何度も振動します。
その揺れの影響はを受けやすいため、ひび割れが起きやすいのです。

3つ目は、構造上の問題です。
よくあるひび割れの原因は揺れや衝撃ですが、まれに構造部の破損や建築時の施工ミスなどもあります。
これらが原因でひび割れが起きている場合は、住宅全体が負担になるような他の問題が隠れている場合もあるので気をつけましょう。

4つ目は、壁紙の歪みによるひび割れです.
これは室内の壁に限られますが、よくあることです。
気温や湿度は壁紙の伸縮や劣化の進度に影響を及ぼします。
それらからできた歪みがひび割れの原因になることがあるのです。

□自分で簡単にできる応急処置方法について


ひび割れをすぐに直したい方に向けて、応急処置を紹介します。
室内の壁紙で危険度が低い軽いひび割れなら、自分で直せます。

まずは壁紙が浮いてるなら、専用の糊で貼り付けて乾かしましょう。
そして、コーキング剤を埋めます。
次に、コーキング剤が乾かないうちに、表面をならして余分な量を取り除きます。
最後に、濡れた雑巾で取り除けなかった余分なコーキング剤を拭き取ります。

これが簡単な応急処置です。
外壁やひび割れの範囲が広い場合は業者を呼びましょう。

□まとめ


壁のひび割れには様々な原因がありますが、どれも対処できます。
冷静に判断し、お金と相談しながらどのように消すのか決めましょう。
他に分からないことがあればプロの砂田塗装へご連絡下さい。
塗料の種類からコストのことまで、親身にご相談にのらせていただきます。
  • 外壁にひび割れ(クラック)がある
  • 壁に触ると白くなる(チョーキング)
  • 新築で家を建てて10年以上経つ
  • カビやコケ、サビがある
  • 塗装が剥がれている

一般的な塗り替え時期は7~10年といわれております。
紫外線や風雨から建物を守る外壁は、長年さらされ続けることで徐々に劣化していきます。
住まいの美観を守ることはもちろん、『住まいを守る』ために定期的な外壁塗装が大切になります。

  • 雨漏りがする
  • コケやカビ、サビがある
  • 屋根が色褪せてしまっている
  • ひび割れがあるなど

10年以上メンテナンスをしていなかったり、築年数が20年を超える場合、屋根が劣化していることがほとんどのため、早めの対策が必要となります。





シーリング/防水工事は、住まいへの水の侵入を防ぐため必要です。

外壁・屋根塗装と同様、防水工事をしっかりと行っていれば、雨漏りなどに悩まされず、
建物の劣化も起きにくい健康な建物を維持できます。
屋上・屋根、ベランダ・バルコニー、共用廊下や共用階段など様々な部位に施工がされているため、10~15年のサイクルで防水工事を行うことをおすすめいたします。

砂田塗装では、現地調査はもちろん、施工前にお客様のお悩みやご要望をしっかりと丁寧なカウンセリングでお伺いし、失敗しない最適な施工プランをご提案いたします。
必ず施工プランとお見積りを丁寧にわかりやすい説明でご説明するようにも心掛けておりますので、塗装工事が初めての方でも安心してご利用いただいております。
一般住宅/マンション/商業施設/店舗の塗装・防水工事のことなら当社にご相談ください。

国家資格を持った確かな技術

国家資格を持った確かな技術

当社は国家資格である一級塗装技能士を持った職人がお客様の施工を担当いたします。一級塗装技能士は実務経験7年以上の職人が、実技・筆記試験に合格してやっと得られる国家資格です。
この一級塗装技能士が、お客様との窓口となり、ご要望のヒアリングからお見積りの作成、実際の施工まで担当いたしますので、安心の施工をお約束いたします。